デンタルフロスで口臭が劇的改善する

デンタルフロスで口臭が劇的改善する

口臭の原因はいくつかありますが、多くの場合歯と歯の間、歯間の汚れと歯周病が原因であることが多いです。

口と鼻はつながっていますから、鼻呼吸していてもかなり臭い悪臭を放っている場合もあります。自分でも気づくことがありますし、自分は気づいていなくても他人はかなり臭い思いをしていますよ。

歯磨きをしても口臭がなくならない理由

口臭の原因は歯と歯の間の歯間のニオイです。歯ブラシで磨いても歯間の汚れ、細菌は取れません。そのため、毎食後歯磨きをしても歯間の臭いニオイはとれないので常に悪臭を放っています。

歯間の汚れが食べかす程度であれば問題ありませんが、口臭がキツイ場合は歯周病になっている可能性が非常に高いです。歯茎は膿んでいて細菌が大量に歯間、歯周ポケットに詰まり、歯石が出来ていることが多いです。

歯間はデンタルフロスを使って掻き出さないと汚れが取れない

歯間はデンタルフロスを通して歯茎の奥まで入れて汚れを掻き出す必要があります。

デンタルフロスを差し込んだあとにニオイを嗅いでみてください。とんでもないニオイがするはずです。他人は皆この悪臭を会話のたびにかがされていたんですよ。恐怖でしかないでしょう・・・。

デンタルフロスはできれば毎食後行うことが好ましいですが、時間の関係でできない場合は夜のブラッシングの前に必ずやってください。それだけで虫歯と歯周病の予防効果はデンタルフロスをしていないときに比べて絶大です。

歯間の口臭対策なら毎食後必ずデンタルフロスをすること

歯間の汚れ対策だけでなく口臭対策をするならば、デンタルフロスは毎食後必ず行いましょう。

なぜなら臭くなる歯間には食べかすが詰まりやすい空間が空いていて、そこに食事のたびに何かが詰まって雑菌によって悪臭が出やすくなっています。基本的に歯間に食べかすが残らないようにするのが最善の口臭対策になります。

歯周病の場合は何度デンタルフロスをしても臭い場合がある

歯周病でも口臭が劇的に臭くなります。原因は歯茎の雑菌と膿です。歯茎に炎症が起こっていて腫れ、膿が出ています。その場合、デンタルフロスを通したときに出血するはずです。普通の健康的な歯茎は出血しないので、出血した場合は歯周病でほぼ間違いありません。

そしてその歯間は臭いはずです。3度4度通しても臭いのは雑菌が溜まっていることと膿が大量に溜まっていて出血とともに出てきているからです。

歯周病になっている歯間は毎食後何度もデンタルフロスを通して出血してでも膿を出し、歯間の雑菌を除去していくことで次第に歯茎が回復し、雑菌の増殖もデンタルフロスによって抑えられるのでニオイが軽減します。

デンタルフロスの後に歯磨きをする

正しいデンタルケアの順番は、まずデンタルフロスで歯間の汚れを取り除いた後に歯磨きです。反対にやっている場合はデンタルフロスで掻き出した汚れや雑菌が口内に残ってしまいます。

歯磨き粉は歯科医推奨商品もありますが、市販の歯周病予防系の歯磨き粉でも歯茎の状態は改善していきます。逆にデンタルフロスをしないで歯磨き粉だけでは歯周病は改善しないと考えてください。デンタルフロスがまず最優先です。

結果として口臭は劇的に改善するはずです。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事