デンタルフロスで口臭が劇的改善する
デンタルフロスで口臭が劇的改善する

口臭の原因はいくつかありますが、多くの場合歯と歯の間、歯間の汚れと歯周病が原因であることが多いです。 口と鼻はつながっていますから、鼻呼吸していてもかなり臭い悪臭を放っている場合もあります。自分でも気づくことがありますし、自分は気づいていな...

フロスで出血しても、さらにフロスを続ける必要がある
フロスで出血しても、さらにフロスを続ける必要がある

デンタルフロスをしていて出血する場合、ほぼ確実に歯周病の箇所にフロスが当たって出血しています。 健康な歯茎はフロスが当たるくらいで出血しないからです。恐らく出血する部分はいつも同じところではないですか?その部分の歯茎が歯周病になっている可能...

間食で虫歯リスクが高まる理由
間食で虫歯リスクが高まる理由

間食をよくする人は虫歯や歯周病になる可能性が必然的に高まります。その理由は「食べた後に歯磨きができないから」です。...

デンタルフロスが歯間に挟まって取れなくなったときの対処方法
デンタルフロスが歯間に挟まって取れなくなったときの対処方法

デンタルフロスをしていて歯間に挟まって動かくなくってしまい、そのまま詰まってしまったときの対処法をシェアします。 基本的に無理やり取り除こうとするのはNGです。...

差し歯の寿命
差し歯の寿命

差し歯は歯の根本に人工の歯を接着する治療方法で、自分の歯の根っこが残っているときに行われる治療です。 簡単に言えば根っこに人工の歯を装着しているだけなので、日常生活でカパッと外れてしまうこともあります。とは言え普段の生活の中で差し歯が外れる...

マウスウォッシュだけでは虫歯予防効果はほとんどない
マウスウォッシュだけでは虫歯予防効果はほとんどない

口臭や虫歯予防のために毎日マウスウォッシュも使っている人がいるでしょう。歯磨きが面倒だから時短のためにマウスウォッシュで済ませてしまっている人もいるかも知れません。 しかしマウスウォッシュだけしか使わない場合、虫歯予防としての効果はほとんど...

デンタルフロスと歯磨きの1日の必要回数
デンタルフロスと歯磨きの1日の必要回数

歯磨きとデンタルフロスの1日の回数は何回がベストだと思いますか?結論から言えば、デンタルフロスは1日に最低2回、歯磨きは4回と言われています。 ...

口腔崩壊とは
口腔崩壊とは

口腔崩壊という言葉は普段聞くことはほとんどありません。また、病気のような明確な定義がありませんが、一般的に10本以上の虫歯がある、歯根がない状態を指します。 その結果、食べ物の栄養摂取がうまくできなくなったり、そもそも食べられなくなったり、...

ホワイトニングは歯に悪い?
ホワイトニングは歯に悪い?

歯についた色素沈着を落とした上で白く着色していく歯のホワイトニング。これが歯をキレイにするだけならまだ良いが、ホワイトニング自体は歯に良くない、というイメージが先行していることがあるようです。...

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは奥歯の奥まで磨ける
ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは奥歯の奥まで磨ける

ソニッケアーの電動歯ブラシは誰でも知っているほど有名な電動歯ブラシです。ただ価格がちょっと高いので一般的に誰もが買えるものではありませんが、ソニッケアーの最上位モデル、ダイヤモンドクリーンを使ってみて驚きの磨き具合だったのでご紹介します。...

歯間ブラシとデンタルフロスの比較
歯間ブラシとデンタルフロスの比較

歯間ブラシとデンタルフロス、この違いがわかりますか?歯についてまったく関心がなければ違いもわからないし、そもそもデンタルフロスなんて聞いたことがない人も多いはずです。 じつは歯科医はほとんどが歯間ブラシを使って歯磨きをしているそうです。それ...

口内炎をすぐに治す方法
口内炎をすぐに治す方法

自然にできてしまう口内炎から口の中を噛んでできる口内炎のどちらも、最初は長引かないと思っていても実は後から帰路行くなって大きく穴が開いたようになりますよね。しかもそうなると治るまで1週間以上掛かることが多いでしょう。 口内炎をすぐに直せば不...

虫歯予防のための歯磨きの方法
虫歯予防のための歯磨きの方法

虫歯は痛みのない状態が長く続きますが、実際は進行していて、痛みを感じるようになると、4段階の最終段階になっており、神経にまで虫歯菌が到達しているため抜歯するしかなくなります。 子供の頃、虫歯が痛くなった経験があると思いますが、この状態になる...

カテゴリ

最近更新された記事