運動後、筋トレ後の水風呂の効果とデメリット

運動後、筋トレ後の水風呂の効果とデメリット

プロスポーツ選手が氷が入った水風呂に入ってリカバリーをする姿を見たことがあると思います。実際に運動後の体の回復を高めるために利用されていてその効果も実証されているようです。しかし水風呂は使い方よってはデメリットにもなるため、取り入れる際は注意が必要です。

練習後の炎症低減、疲労低減の効果

氷ほ入れて水温を10度前後まで冷やしたアイスバスは血管を収縮させることで炎症を抑えます。炎症物質が広がることを抑え、練習などのダメージを最小限に留める効果があります。

また運動直後の怪我等ではなく、翌日以降に発生する筋肉痛、筋肉の炎症で長引く痛みなどの緩和に効果があり、ハードな運動後はアイスバスを利用することで翌日以降の炎症を軽減し、引き続き練習を続けやすくなります。

また持久力系トレーニングにも疲労蓄積をしないようにする効果があるため水風呂は推奨されます。

アイスバスのデメリットは筋トレのあとに入ること

日々の練習などのリカバリーとしてアイスバスはとても有効ですが、一方で筋肥大のための筋トレのあとにはデメリットになってしまいます。

しっかりパンプした筋肉に栄養を送り届けるための血管が収縮してしまうことで筋肉の成長は阻害されます。せっかく筋トレしたのにその成長を最大限享受できなくなってしまうため、筋肥大のための筋トレの場合は水風呂の利用は避けたほうがよさそうです。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事