Kindle Unlimitedは無料期間に一気読みして解約がお薦め

Kindle Unlimitedは無料期間に一気読みして解約がお薦め

アマゾンに登録されている世界の本200万冊が月額980円で読み放題というのがKindle Unlimitedです。1ヶ月たった980円、本1冊の料金で対象の本が無料で読み放題なので本が好きな方は登録すべき。

しかし読みたい本が数冊ある程度の一般的な人は、初回登録時限定の30日間無料で利用できる体験期間に一気に読みまくって、あとは料金が発生する前に解約するのがお薦めです。

理由はそんなに読む時間を毎月確保できないし、自分の興味のある本がそこまでないことが多いから。

Kindle Unlimitedは無料期間中にも普通に解約できる

Kindle Unlimitedは無料期間内に普通に解約できるので、お試しに数冊読んでみてこれ以上利用することはないだろうなと思ったら2ヶ月目以降に利用料980円を請求されることはありません。

ただし契約開始日前に解約をしておく必要があるのを忘れないようにしましょう。必ず30日以内に解約すれば完全に無料でKindle Unlimited対象の本が読み放題になります。

連休がある時期に一気読みするのも良いですよね。

Kindle Unlimited対象の本に新刊はほぼない

ここは諦めるしかないのですが、Kindle Unlimited対象の本に新刊はほぼありません。Kindle Unlimited対象の本は既刊ばかりで新刊を読みたい場合は普通に買うしかないんですよね。

だから毎月新刊が出たらKindle Unlimitedの読み放題で読める!!というのはあり得なくて、その点で言っても毎月Kindle Unlimitedを契約し続ける必要性があまりないと言わざるを得ません。

ですからKindle Unlimitedは既刊でこれまで興味があったけど買うにまで至らなかった本をチェックして、それらを無料期間の30日以内に一気に読むためのサービスと割り切るのがお薦めです。

一般人が読みたいと思える本の数はたかがしれている

無料期間30日間で読める本はそんなに多くないと思われがちですが、いやいやそもそも一般的な人が読みたいと思える本の数も少ないんですよ。

Kindle Unlimitedは読み放題ですから、冒頭を読んで「なんか違うな」と思ったらすぐ別の本を読むことができます。完読する必要はなくて、合わないと思ったら即閉じて読む必要なし。無料ですし。

読みたい本100冊がすべて自分が求めている本、なわけないので、無料期間30日間で開いた本が100冊を超えることは優にありえますし、そのうち完読して本当にためになった本は2、3冊だった、なんてこともざらにあると思います。

そして読み放題は、ビジネス書や自己啓発本のようなジャンルの場合、自分に合う章、ページだけをピックアップして読んで閉じてしまえば、無料で短時間に自分のスキルを上げていくことができるんです。全部読む必要はありません。

最初から最後まで読む時間は当然ないと思うので効率の良い情報収集をして自分のために無料期間30日間を使い倒しましょう。

Kindle Unlimited無料期間30日間が過ぎた後に感じること

Kindle Unlimitedの無料期間が終了したあとに実感するのは、「もう読む本なんてないだろ」ってことです。貧乏性も相まって、本当に自分に必要な本、楽しみたい本だけをガンガン読み漁っていく。30日間ほぼ毎日続けていくとKindle Unlimitedに登録されている本の中で自分が興味のある本はほぼ目を通しているはず。だって最後まで読まないから。

そして大抵の本が自分にピッタリではなく、的外れだったり中身が薄かったりすることにも気づくはず。本によっては今の自分にっては相性がよくないものや、稚拙に感じてしまう初心者向けの内容だったりもするはず。

そして30日間大量の本を読みまくった後、もうこれ以上本を探す作業も本を読む作業ももうしなくていいかなという境地に達します。ではKindle Unlimitedを本契約前に解約しましょう。

また半年後、1年後、3年後に本を読み漁りたいなと思ったらKindle Unlimitedを契約しましょう。そのときは無料期間には新刊で読めなかった本がKindle Unlimitedに登録されているかもしれません。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事