アマゾンは返品手続きが簡単で、無料で集荷までしてくれる

アマゾンは返品手続きが簡単で、無料で集荷までしてくれる

ここ最近アマゾンで購入した商品に不具合が多く、返品を何度もやっています。

そんな返品手続きがとても簡単で消費者の手間がほとんどかからない上に、どこまでも返品・返金が可能な雰囲気なので、アマゾンの返品方法と返品したモノをまとめました。

購入履歴から返品したい商品を選んで簡単に返品手続きが可能

アマゾンで購入すると過去の購入履歴がすべて蓄積されていきます。返品したい場合は購入履歴画面から返品したい商品を選び、返品処理をすすめることができます。

返品条件のひとつに「購入後○日以内」もしくは「○月○日まで返品可能」という購入後の日数経過条件があります。とは言え購入後数日以内のような短期間ではなく意外と長めに設定されているので焦る必要はなさそうです。

返品手続きを進める中で、返品理由を選択肢から選んだり、返品内容の備考欄に記入する必要もあります。とは言え手間ではなく選択肢の中から合うものを選ぶだけの数クリックで返品手続きは完了します。

返品する商品は無料で集荷に来てもらうことが可能

昔は返品用バーコードを印刷して箱に詰めて自分で発送手続きをしに行かなければいけませんでした。

しかし最近は商品ごとに割り振られた「返品コード」を紙に書いて商品に同梱するだけ。あとは日時指定をしてヤマトが集荷に来てくれるのを待って引き渡せば完了です。集荷に掛かる手数料はこちらは0円となっているので、まったく負担なく返品が可能になっているのです。

アマゾンは返品が簡単で面倒な手続きなく消費者負担もない敷居の低い通販サービスになった

アマゾンと配送会社との契約によって、返品の際に集荷する業者や費用などが変わる可能性がありますが、現状アマゾンで買い物をすると手軽にそして気軽に返品ができる状況が出来上がっていると言えます。

ネット通販だからこそ、商品説明と違うとか不具合があったとか、開封して使用してしまってから気づくことは多く、そうなったら返品ができないという消費者のリスクだけが大きかった状況が、昨今のアマゾンの返品システムによって変化が起き始めていると感じています。

今でも楽天などのほとんどの店舗はいかなる場合も返品には応じない店舗があります。未使用品であっても返品に応じず返品配送料は消費者負担というところがほとんどなので、商品を見て納得して購入したわけではない消費者が運ゲーをしているような状況です。

各ネットショップの説明文、詳細情報、写真、動画だけで判断するしかなく、これには限界があります。できるだけ詳細に商品情報を理解してもらうように努力しているショップも少なくいですが、ほとんどが写真や文章のコピペですからね。販売者と購入者の直接のやりとりがないぶん、説明は詳細を限界まで記載する必要がありそうです。それでもミスは起こりますから。

その点アマゾンは消費者が泣き寝入りせざるを得ない状況から大きく改善していると言えます。実際に商品を見て買えないネット通販だからこそ、手軽に返品ができて安心して買い物ができるサービスを実現するのはこれまで理想でしかないとさえ思っていました。

初期不良以外の理由はいかなる場合も返品は受け付けないなどという店で購入するのはリスクでしかないと消費者にも浸透していくのではないかと思います。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事