特別あて所配達郵便とは?悪用される可能性もあるサービス

特別あて所配達郵便とは?悪用される可能性もあるサービス

日本郵便が2021年から試験的に導入する「特別あて所配達郵便」は便利な反面詐欺に使われる可能性がある郵送方法として話題になっています。

今後見知らぬ郵便が届く可能性が高いので、詐欺に合う前に特別あて所配達郵便の存在を知っておく必要がありそうです。

特別あて所配達郵便とは

特別あて所配達郵便とは、住所がわかっていれば名前が書かれていなくても郵便を届けられるサービスです。

これまでの有損物は相手の名前が記載されていないものは差出人に返送されていました。年間1千通以上の発送などの条件があるものの、別途「特別あて所配達郵便」の費用200円を追加することで、相手の名前を記載していない郵便物も指定の住所へ届けられるようになります。

これが便利なのかどうなのかというと、圧倒的に迷惑なサービスである可能性が高いと考えられています。

特別あて所配達郵便が詐欺に使われる可能性は?

住所は誰もが地図で調べられるます。しかしその住所にどんな名前の人が住んでいるかまでは現地の表札を見るなどしない限りわかりません(名簿購入は別)。相手先の名前がわからなくても手紙などを送ることができてしまいます。

そのため実在する住所に「無差別に」郵便を送りつけることが可能になります。これは完全には個人を特定できていないものの電話番号に無差別に掛けることで騙す「オレオレ詐欺」と同じことが郵便で可能になると懸念されています。

特別あて所配達郵便は2021 年 6 月 21 日(月)~2022 年 6 月 20 日(月)の期間で試験的に日本郵便で導入されます。

NHKが利用することで特別あて所配達郵便が話題に

NHKが受信料徴収の一貫として特別あて所配達郵便を利用し住民に郵便を送ることを発表し、初めて特別あて所配達郵便の存在を知った方も多いでしょう。

NHKが特別あて所配達郵便を利用することを発表してからネットでは開封せずに破棄するか、開封せずに郵便局・配達員に受け取り拒否の旨を伝えて受け取らないようにするなどの対策が広まっています。

本来、名前と住所が一致して届けられるのが郵便

本来は名前と住所が一致して届けられるのが郵便です。

しかし今回の特別あて所配達郵便は相手の名前がわからなくても住所があれば無差別に大量に(年間1000通以上送るのが利用可能基準のひとつのため)送りつけられるある意味スパム行為ができてしまうわけで、ここに振り込めだとか電話しろだとか脅迫まがいのことが書かれていた場合、それに乗せられてしまう人も出てくるかもしれません。

日本郵便は「受取人の氏名が不明であっても、受取人の住所または居所が分かっていれば郵便物を配達してほしいという
ニーズがあることなどを踏まえ、」としていますが、相手のことがわかっていないのに送る行為は正常なことなのか疑問が残ります。

国民生活センターは見に覚えのないものが届いたら開封しないこととしている

こちらの名前が記載されていない見知らぬ郵便が届いたら、それは「特別あて所配達郵便」の可能性が高いです。

国民生活センターでは、「身に覚えのない商品が届いたら、受け取らないようにしましょう」と注意を促しています。これは手紙やDMだけでなく、商品受け取りや代引による受け取りなどが多く含まれている事例ですが、今後こちらの名前が記載していない郵便、「特別あて所配達郵便」が届いた場合も同様に開封せず受け取らないことが前提となりそうです。



カテゴリ

最近更新された記事