はっか糖の食べ方、食べ過ぎの影響や効果

はっか糖の食べ方、食べ過ぎの影響や効果

はっか糖はチョークのような見た目でお馴染みの新潟で有名なお菓子です。

江戸時代から食べられてきたお菓子で現代でも和菓子のひとつとして食べられていますが、最近はどこにも売っていないなどの口コミを見かけます。久しぶりに食べると程よいミントのスースーした風味が美味しいです。

はっか糖の美味しい食べ方やはっか糖の効果、食べすぎたときのことなどをまとめました。

はっか糖の食べ方

はっか糖はそのままかじって食べればOKです。それだけでミントの清涼感が楽しめます。

ミントの清涼感が鼻に残るので冷たい水を飲むだけでも氷入りのキンキンに冷えた水のように感じられます。炭酸飲料などは刺激も強く感じられて面白いですよ。

特に夏に食べながら冷たい飲み物で清涼感を楽しむ食べ方がオススメです。

はっか糖の効果

江戸時代などははっか糖に体調不良改善効果があったなどと言われていましたが、はっか糖の材料のほとんどが砂糖です。砂糖を固めてミントの風味をつけただけの和菓子なので、効果は特にありません。現代でははっか糖がお菓子として親しまれているので効果を期待して食べる人は皆無と思われます。

逆にはっか糖がほとんど砂糖で出来ているため、運動前の急速なエネルギー補給にも使えます。砂糖は吸収速度が高い高GI食品なので、白米などよりも早く吸収されエネルギー源として使用することができます。試合のハーフタイムに食べるのもエネルギー源の摂取として効果が期待できるかもしれません。

はっか糖の食べ過ぎ

はっか糖はほとんどが砂糖でできているため、100g食べると400kcal近いカロリーになってしまいます。糖分なのでエネルギー源として即使われるのでが、使いきれなかった糖分は徐々に脂肪として蓄積してしまいます。

糖質の摂りすぎは太るということは誰もが知っていると思いますがはっか糖はその糖質が9割ほどで作られているので食べすぎには注意してください。

またはっか糖に含まれるミントの清涼感が鼻、胃を刺激して気持ち悪くなることもあるかもしれません。体に大きな影響があるわけではありませんが、気持ち悪くなった場合はミントの清涼感が強すぎたことが原因です。

はっか糖が売っている場所

昔は和菓子屋などでも売っていたと思いますが最近はどこにもはっか糖が売っていないので存在自体知らない若者も多いハズ。

一部の店舗が取り扱うくらいでどこでも手軽に買えるお菓子ではないのが現状。

しかし楽天やアマゾンで1袋300円前後で購入できます。はっか糖が売っている店舗を探すのは困難なのでネット通販で購入するのがオススメです。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事