アメリカのケンタッキーで代替肉のチキン、Beyond Meatのフライドチキンが発売される

アメリカのケンタッキーで代替肉のチキン、Beyond Meatのフライドチキンが発売される

ケンタッキーフライドチキンが全米で代替肉Beyond Meatを使ったフライドチキンを発売。今やアメリカでは代替肉がかなり浸透してきた印象です。

Beyond Meatとは

Beyond Meatは代替肉を開発する会社の商品。肉の風味や食感を分子レベルで解析し、100%植物原料で再現した代替肉を製造しています。

ケンタッキーフライドチキンは2019年にテストとしてアトランタでBeyond Fried Chickenを販売。それから3年後の2022年に全米で展開することを決定しました。
地域によって価格は異なりますが、最低価格は6ピースで税抜6.99ドル。

植物由来のタンパク質が人気

アメリカではビーガンスタイルに近い食生活が流行ってきています。動物性のタンパク質を極力減らし、植物性のタンパク質をメインにしていく感じ。

食のこだわりだけでなく、環境負荷として動物の飼育にかかるエネルギーの無駄の削減や、動物愛護のため動物を殺すことを極力避けることなどの影響で代替肉がかなり人気です。

全米、全世界で今後Beyond Fried Chickenを展開していくとのこと。

地球環境を考える上で、食肉のための家畜飼育は徐々に減っていくのかもしれません。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事