赤身肉は大腸がんリスクが優位に上昇するため食べすぎはリスクに

赤身肉は大腸がんリスクが優位に上昇するため食べすぎはリスクに

世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関は、牛肉などの赤身肉とそれらの加工肉には発がんのリスクがあると認めました。リスクのレベルで言うとタバコとアルコール、アスベストと同ランク、要は最高ランクに位置づけられるほどです。

ただし最初に結論を言うと、タバコやアルコールと同等の確率で発がん性があるわけではなく、「同等の確証あるリスク」ということです。毎日肉を食べている人がタバコやアルコールと同じレベルで癌になるわけではありません。ただし、癌になる原因としては明らかになっていて、確実という点でタバコとアルコールと同じくらい確実なものなんです。

よって、毎日たくさんの肉、加工肉を食べることは大腸がんのリスクを高めている行為であることは確実であると言えます。

ハムやベーコン2、3枚分の50グラムを毎日食べ続けると、発症率が18%高まる

どれくらいの量の肉を食べると発がん性リスクが高まるかというと、WHOは「ハムやベーコン2、3枚分の50グラムを毎日食べ続けると、発症率が18%高まる」としています。普通朝食で食べている量ですよね。WHOが発表したのは1食あたりではなく、1日あたりの量ですから、1日トータルで考えるとほとんどの人がこの量を超えて加工肉、肉類を食べていると思います。

特に加工肉が大腸がんリスクが高くなる

牛肉、豚肉、鹿肉などの赤身肉そのものを食べるよりもハムやベーコン、ソーセージなどに加工された加工肉を食べるほうがリスクは高くなることがわかっています。

また肉は加熱したときに発生する物質に発がん性があるとされているため、多くの肉類はやはり食べすぎないようにすべきと考えられます。

ほとんどの人が何気ない食事として加工肉を大量に食べているので大腸がんリスクはかなり上昇していると考えられます。誰もが大腸がんになりえる食生活をしているということです。

牛肉、豚肉、加工肉の発がん性リスクは確実に上昇する一方、現状はそこまで危険ではない

WHOでは最高ランクのリスクとして赤身肉と加工肉を位置づけています。これは発がん性リスクがあると断言できるレベルが最高ランクということです。

実際にこの最高ランクに入っているものが原因で死亡した人口を見ていくと下記のようになります。

加工肉では1桁以上違う数字が出ています。タバコやアルコールは一部の人が対象ですが肉類はほぼ全人口が対象となるわけで、それでたった3万人程度であればそこまで気にする必要はないかもしれません。

ただし、肉類が大腸がんの原因になることは確実であることがわかっているものなので、意識して「食べすぎないように」することは大切です。

ビーガン生活はある意味健康であるといえる

肉類のリスクを考えて、日頃から肉類を減らした生活をすることが勧められます。そのため、完全なビーガンになる必要はないにしても、肉類を食べない生活はビーガンに近くなっていきます。

赤身肉と加工肉は大腸がんリスクが高くなるためたまに食べる程度にして、極力野菜や穀物、魚や少量の乳製品を摂取するのが健康に良いということになりますね。

あわせて読みたい記事

参考サイト

赤肉・加工肉のがんリスクについて(国立研究開発法人国立がん研究センター)

カテゴリ

最近更新された記事