ディスポーザーの掃除方法(パイプユニッシュは絶対ダメ)

ディスポーザーの掃除方法(パイプユニッシュは絶対ダメ)

日本でも最近のマンションに標準装備になってきたディスポーザー。ディスポーザーは漂白剤やパイプユニッシュなどが使えないのでなかなか清潔に保つことが難しいのが現実です。

そんな汚れがたまりがちなディスポーザーを徹底的に掃除する方法から、日頃の手軽な掃除方法まで詳しくまとめました。

パイプユニッシュやカビキラーはディスポーザーには使えない

シンクや排水口の掃除といえば、パイプユニッシュやカビキラーなどですが、ディスポーザーの場合は流す生ゴミをバクテリアを使って分解しているため、これらを使用するとバクテリアが死滅してしまいます。

そのため、これまでシンクで使ってきたパイプユニッシュやカビキラーは使わずに掃除する必要があります。

日頃のディスポーザーの掃除方法

ディスポーザーに氷を入れて中性洗剤を軽く垂らしてから回すだけです。これだけでディスポーザーの汚れがある程度綺麗になります。

お薦めは毎食後の洗い物が終わった後に必ずやることです。氷を使ったディスポーザーの掃除方法は汚れを落とすというより汚れが増えないようにする日々のメンテナンスのようなもの。

すでに汚れているディスポーザーの汚れを完璧に落とす掃除方法ではないため、目立つ汚れがある場合は重曹とクエン酸を使って落としていきます。

しつこい汚れは重曹とクエン酸とお湯で流す

日々の掃除でも取り切れない汚れは少しずつたまっていき目立つようになります。そんなときは粉末の重曹とクエン酸をディスポーザーに入れて、60度くらいのお湯を注いで汚れ落としをするのがお薦め。

アルカリ性の重曹が酸性の汚れを落とし、酸性のクエン酸がアルカリ性の汚れを落としてくれるとのこと。お湯は沸騰したものを注ぐとディスポーザーと配管が変形して壊れるので60度前後の熱めのお湯を注ぎましょう。

軽くお湯を垂らすとクエン酸の発泡作用がはたらき、重曹が泡立ちディスポーザー内部の汚れを取ってくれます。

週末などに定期的にこの掃除方法をしておくだけでもきれいなディスポーザーをキープできるはずです。

ディスポーザー専用のブラシを使う

なかなか落ちない汚れはディスポーザー専用のブラシと中性洗剤を使ってゴシゴシ落とすしかありません。ディスポーザーの底、側面などを磨きやすいような形状をしているので掃除自体はとても簡単です。

キッチンリセットをしている方は、恐らく夕食後にシンクを洗う際に一緒にディスポーザーもブラシ洗いしていることがほとんどだと思います。氷や重曹とクエン酸で掃除するよりも物理的にブラシで洗うのが確実で、汚れを貯めない唯一の方法でもあるので、手間でなければ毎晩ブラシでディスポーザーを掃除することをお薦めします。毎日掃除していれば汚れがひどくなることはまずありません。

ディスポーザーのニオイ対策

ディスポーザーが臭う原因は排水管に生ゴミが流れず溜まっていることがほとんどです。その場合は水を数分間大量に流すことで解決できます。

通常生ゴミをディスポーザーで流して捨てる場合、水を少しずつ流しながらディスポーザーを回します。このときに流す水の量が足りないと排水管の中に生ゴミが流れず残ってしまいます。

生ゴミがなくなったのを確認したら、最後に多めの水を流して排水管に生ゴミが溜まらないようにする習慣をつけましょう。

とは言え排水管は油汚れなども付着してどんどん溜まっていきます。これが原因で異臭がする場合や詰まってしまこともありますが、それを防ぐために毎年一回行われる「雑排水管清掃」があるわけです。シンクの下に機械を取り付けて、そこから排水管を物理的に清掃してくれます。

普通のシンクとは少し違う複雑なディスポーザーだからこそ、日々のお手入れが大切なんですね。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事