生乾きのニオイの原因、完璧に無臭にはできない現実

生乾きのニオイの原因、完璧に無臭にはできない現実

生乾きのニオイ対策のための洗剤がありますが、一度生乾きのニオイが発生した洗濯物は専用洗剤を使ってもニオイはとれません。原因菌は汚れ落としの洗剤では落ちないからです。

生乾き対策の洗剤は、生乾き臭がする前の予防用洗剤くらいに考えておくのが無難です。

理由は生乾き臭の原因菌を殺菌するためには酸素系漂白剤や熱湯を使ってもなかなか取れない最強レベルの雑菌だからです。洗濯用洗剤程度で汚れは落ちても菌は死滅させることが出来ないのです。

酸素系漂白剤を使って洗濯する

漂白剤には殺菌効果がある明記されています。酸素系漂白剤は生乾き臭対策の定番です。生乾き臭がまだ比較的軽度であれば定期的に酸素系漂白剤を入れて浸け置きなどしてから洗濯するようにしましょう。

とは言え、これまでずっと我慢して使ってきた生乾き臭のする洗濯物には残念ながらそこまで完璧に消臭・殺菌してくれるわけではありません。

酸素系漂白剤は気になりだしたその場ですぐに使うのがオススメです。

洗濯後はすぐに干す、のは効果なし

生乾き臭対策として紹介されていた「洗濯後にすぐに干す」のは無意味です。生地に雑菌とその死骸や糞が残っていて、干しても干しても減ることはなく、乾いたあとにもう一度汗などで湿ると生乾き臭が復活します。漂白剤を使っても殺菌しきれないのですから、干すだけで殺菌できるとは思えませんよね。

40度くらいのお湯で洗う、のも効果なし

40度くらいのお湯で洗濯する方法もありますが、皮脂汚れを落としやすくする方法であって殺菌効果などは一切ありません。100度くらいの熱湯につけ置きするまだならわかりますが、皮脂汚れ対策のための40度のお湯で生乾き臭は消えません。

生乾き臭の原因は雑菌の増殖

生乾き臭の原因菌はモラクセラ菌です。このモラクセラ菌が増殖し、糞をすることで生乾き臭が発生します。洗っても洗ってもモラクセラ菌は落ちないため、生乾き臭対策の洗剤を使ってもモラクセラ菌が増殖した洗濯物に対してはほぼ効果がありません。

モラクセラ菌は高温に弱いため、60度以上の熱湯に20分ほどつけ置き、そのあとに普通に選択すると生乾き臭の原因菌を減らすことができます。

とは言えモラクセラ菌が残した糞が完璧に取り除けるわけではないので生乾き臭が完璧に落ちることは難しいです。

生乾き臭がしたものと一緒に洗濯しては駄目

生乾き臭がする洋服やタオルなどと一緒に放置しているとモラクセラ菌が移ることがあります。そのため汗をかいた洋服はタオルとは別に洗ったり、タオルは使ったあとそのままカゴに入れて放置せずある程度乾かしてからカゴにためていくのがベストです。

どうしても生乾き臭が取れない場合はすぐに廃棄する

これまでご紹介してきた方法すべてを続けても生乾き臭が取れない場合は、ほかの洗濯物にも移ってしまう可能性も考えてすぐに廃棄するのがオススメです。

これ以上何をしても無駄なので新しいものに買い替えたほうがストレスもないし、外出先で自分が生乾き臭の発生源として恥ずかしい思いをすることもなくなります。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事