ホンビノス貝で食中毒になる可能性

ホンビノス貝で食中毒になる可能性

外来種の大きな貝、ホンビノス貝。これが意外と美味しくて肉厚で食べごたえがあるとして、一部のひとたちの間で大人気になっており、そこから多くの人達が食べるようになってきましたが、食中毒の可能性も少なからずあるため、どのようなホンビノス貝に注意したほうが良いか、シェアしたいと思います。

市販のホンビノス貝に食中毒の心配はほぼなし

市販のホンビノス貝の場合は、食中毒の原因になる麻酔性貝毒や下痢性貝毒の検査をしているので、食べても問題ないとされています。私も市販のホンビノス貝は何度も食べていますが、食中毒になったことはありません。

問題は個人で取ってきた潮干狩りのホンビノス貝です。

潮干狩りしてきたホンビノス貝は食中毒になる可能性が残されている

個人で潮干狩りでも取ることができるホンビノス貝。しかしこれは野生のホンビノス貝を取ってそのまま調理するため、食中毒の検査をしておらず、麻酔性貝毒や下痢性貝毒のリスクがあるものと考えられます。

ホンビノス貝で食中毒が発生するのは、検査をしている市販品ではなく、検査しておらず麻酔性貝毒や下痢性貝毒が含まれているかどうかわからないホンビノス貝なのです。

麻酔性貝毒や下痢性貝毒は加熱調理しても消えない

しっかり火を通せば大丈夫と思いがちです。ほぼすべての人が潮干狩りで取ってきたホンビノス貝を生で食べることなんてないですよね。それでも食中毒が起こります。

その理由は麻酔性貝毒や下痢性貝毒はいくら加熱調理をしても消えないからです。しっかり火を通して、いや通しすぎるくらい火を通したとしても麻酔性貝毒や下痢性貝毒は残ったまま。

これを食べてしまうと食中毒症状が出るのです。

ホンビノス貝以外の二枚貝に毒が含まれている

麻酔性貝毒や下痢性貝毒はホンビノス貝特有のものではなく、多くの二枚貝でリスクがあります。ホタテ、牡蠣、アサリなどにも当然食中毒リスクがあるんですよ。

ですからホンビノス貝だけが食中毒リスクがある、というわけではないんです。

潮干狩りで大量にとれるホンビノス貝もとても美味しいですが、安全性を考えて市販の検査済み、リスクの低いホンビノス貝を買うのをお薦めします。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事