ベジタリアンの種類

ベジタリアンの種類

野菜を食べて肉類は食べないベジタリアン。実はベジタリアンの中でもどこまで制限をかけるかによって種類が異なります。

さらに完全に肉関連の食材を摂取しないヴィーガンもいます。ベジタリアンの種類とヴィーガンの違いなど改めて確認してみましょう。

ベジタリアンの定義

ベジタリアンは野菜のベジタブルからついた名前だと思われがちですが、実はラテン語のベジタスから来ていて、「健康的で新鮮な」という意味から取られたものなんです。

ですからベジタリアンは野菜以外は食べない完全菜食主義者ではありません。野菜などを中心に食べるのがベジタリアンの思想であり、自分でどれくらい肉類を食べないかを決めることができます。

肉類をどこまで食べるかによってベジタリアンの中でも種類が分けられています。

ベジタリアンの種類

フルータリアン(fruitarian)

フルーツだけを食べる人です。野菜を収穫してしまうと野菜自体は生命が途切れてしまいます。

果実であれば果実を収穫したあとも木は生き残り、また果実を付けてくれるため、葉や茎、根などは食べずに持続可能な状態にすべきという考え方から生まれた思想です。実際はフルータリアンだけで生活している人は滅多にいません。

ヴィーガン(Vegan)

ヴィーガンは完全菜食主義者のことです。野菜や果物しか食べません。

肉や魚だけでなく、動物由来の卵や牛乳、虫が集めた蜂蜜も食べません。徹底して野菜のみを食べるのがヴィーガンです。最近のアメリカでは動物由来の成分を完全に排除したヴィーガン向けの加工食品もかなり増えてきて、日々の食生活でヴィーガンが困るシーンが徐々に減ってきています。

オリエンタル・ベジタリアン(oriental vegetarian)

ヴィーガン同様に野菜類を食べるものの、にら、にんにく、ねぎ、らっきょう、浅葱の5種類は食べません。これは宗教上の理由で食べてはいけないことになっているから。アジアでみかけるベジタリアンです。

ラクト・ベジタリアン (lacto vegetarian)

野菜に加えて乳製品は食べても良いという考えのベジタリアン。ラクトとは乳のことです。牛乳やヨーグルト、チーズなどは食べて大丈夫なので、これくらいになるとたんぱく質も豊富に摂取できて健康面でも不安がかなり解消されます。

オボ・ベジタリアン (ovo vegetarian)

野菜に加えて卵を食べるベジタリアン。ここまで来るともう肉の前身を食べているようなもので、どうなのかなと思う部分もありますが、細かくわけるとオボ・ベジタリアンが存在します。

ラクト・オボベジタリアン(lacto-ovo vegetarian)

ちなみに卵に加えて乳製品も食べてしまうオボ・ラクト・ベジタリアンのほうが多い気がします。要するに野菜以外に動物そのもの以外であれば食べて良いという考え方です。個人的には卵も乳製品も食べられたほうが明らかに健康にはよいと思います。

そして欧米に多いベジタリアンというと、ラクト・オボベジタリアンをしている人が多いと思います。ストレスなく続けられて美味しく食事もできるベジタリアンがこれです。

ペスコ・タリアン (pescetarian)

肉類は食べず、魚、卵、乳製品を食べる人。かなり緩くなってきましたね。やっぱり動物を殺して食べるという行為に関わりたくない、反対するという考え方の人がこのペスコタリアンになるようです。

個人的には肉類を食べなくても良いかなと思える食生活をしているので、ペスコタリアンでも生きていける気がします。

ポーヨ・ベジタリアン(Pollo-Vegetarian)

鶏肉だけは食べられるのがポーヨ・ベジタリアンです。ほかに魚、卵、乳製品もOKです。境界線が曖昧になってきて、ここまで分ける必要があるのかどうかかなり微妙です。鶏肉だけは食べて良い理由は何なのか・・・。

セミ・ベジタリアン(Semi-Vegetarian)

基本的にベジタリアンの菜食主義をベースとするものの、厳格に肉類を食べてはいけない縛りは設けず、場合によっては食べるのもアリだと考えている人たちです。

どのような思想でセミベジタリアンになるのかは人それぞれですが、動物を食べるのは可哀想だという考え方はそこまで持っていないと考えられます。どちらかと言えば食用の動物を減らして環境負荷を軽減させるとか、そのような状況で食べ物を選ぶことが多いのかなと思います。

また健康上の理由などから肉類は避けて低カロリーな野菜を中心に食べる人もいるでしょう。これをベジタリアンの名称でくくって良いのか微妙ですが、菜食主義の種類としては昔からあります。

ベジタリアンになる理由

最も多いのは動物愛護の考え方です。既に地球では食べるために飼育されるシステムが完成されていることと、人間は雑食なので肉も野菜も何でも食べるため、もうこの状況は仕方ないのかなと思う部分もありますが、自分が生きるために動物を殺すことをよく思わない人が実際に実践するのがヴィーガンです。

特にヴィーガンは動物性の毛皮、レザー商品なども使用しません。人間のためにほかの動物が傷つくことを避けるライフスタイルと言っても良いでしょう。

他には動物を飼育することで発生する二酸化炭素増加や緑地の減少など環境破壊を少しでも抑えるために食べる動物の数を増やしたくないと考える人たちです。この手の環境問題を考える人たちはライフスタイルも持続可能なものを選んでいる場合が多く、ある程度無理ないの自分たちのできる範囲で環境負荷を減らす努力の一環としてベジタリアンを取り入れていることもあります。

無理せずできる範囲で菜食生活をしてるのがベスト

最近は日本でも欧米の意識高い系を実践する芸能人などか増えていますが、菜食主義はブームに乗ってセルフブランディングするためのツールではありません。

自分が考える理想的な食事、健康、ときには環境負荷や動物愛護の考え方が加わっても良いですし、総合的に考えて無理なくずっと続けられるライフスタイルを見つけるのが良さそうです。一時的に流行りものに飛びついてヴィーガンを実践すると辛すぎて三日坊主になる可能性大です。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事