米とパスタ、ダイエットのときに主食にするならどっち?

米とパスタ、ダイエットのときに主食にするならどっち?

米とパスタ、どちらも炭水化物で主食になる食材です。最近は糖質制限ダイエットが流行っていますが、一生涯糖質を制限することは普通のは人には難しいので、炭水化物をエネルギー源として摂取して、運動習慣をつけていくのがベストです。

そこで食べる主食の炭水化物で、米とパスタどちらがダイエットに向いているかという疑問が湧いたので結論は出ていたものの軽く調べてみました。

結論はオススメはどちらかと言えば明らかにパスタです。

パスタは低GI食品

パスタは太りやすそうなイメージがありますが実は血糖値がゆるやかに上がる低GI食品です。なぜパスタが低GI食品になるかというと、食物繊維が比較的含まれているから。まるまる炭水化物だけで構成された食材ではないんです。

吸収速度が緩やかになる低GI食品は食べたあとエネルギーとしてゆっくりと吸収されていくのでほんの僅かなエネルギー消費にもエネルギー源として長時間利用できます。そのためエネルギーがあまりにくく、結果的に余ったエネルギーが脂肪として付くほど残りにくいという特徴があります。

白米は当然高GI食品なので血糖値が急上昇。摂取したエネルギーは一気に使い切ることは出来ないので、余った分は脂肪として蓄積されやすくなります。

中年以降は特に血糖値が急上昇しないようにすることを全員が心がけるべきことで、ダイエットでなくても健康を考えると低GI食品のパスタを主に食べるのが健康にも優しいと言えます。

専門家は米のほうがダイエットに向いているという論理破綻を展開

とある対談記事で専門家らしき人たちは「米のほうがダイエットに合う食材」と結論づけていました。

理由は「米はそれ単体だけで食べられる。パスタはソースとして油をたくさん使ったり肉類やチーズなど高脂質のソースをかけて食べてしまうから低GI食品だとしてもトータルで太りやすい」というものでした。

まさに論理破綻しており、米とパスタでどちらが太りやすいかという根本を完全に見失っていていました。ソースは自分で選べば低カロリーで低脂質の和風ソースはどこでも購入できます。なぜパスタが太るソースで食べる前提で米はそのまま食べられるという意味不明な理論になったのかは不明。毎食毎日白米だけ食べる人いますかね!?!?

米はおかずに油ものがあれば取り返しのつかないレベルでカロリーが上がります。和食はヘルシーという風潮がありますが、それは精進料理に近い古い古い和食のことであり、現代の和食も油をたくさん使って調理しているので一概にヘルシーとは言えません。

パスタと低カロリー低脂質のソースを食べるのがダイエットにも体の負担軽減にも良い

結論としては冒頭に書いたとおり、低GIであるパスタのほうが体脂肪増加リスクは低いし血糖値の乱高下も抑えられて健康に良い炭水化物と言えます。あえて高GIの炭水化物の米を食べるとしたらハードな運動後のタンパク質摂取と同時に摂取することでタンパク質合成を高めるのにとても有効です。それ以外で運動習慣がそれほどない人ならできれば低GI食品を優先して食べるのが理想的です。

またパスタソースは何でも好きなものを食べるのではなく、低カロリーで低脂質なものを各社のパスタソースから選ぶこと。せっかく低GIのパスタを食べているのだから、多くの人は高カロリーのパスタソースはそもそも選ばないでしょう。たまに濃厚なカロボナーラなどを食べるくらいなら全然問題ないと思いますけどね。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事