加齢によって代謝は落ちない可能性が高いことが判明

加齢によって代謝は落ちない可能性が高いことが判明

歳を取ると代謝が落ちて今までどおり過ごしていてもすぐ太るし痩せにくくなる、というのがこれまでの定説でした。加齢で衰えていくことは仕方ないと思うと確かに理屈は合うように感じます。

しかし最近のアメリカの研究では若者と中年、老人など代謝自体はほぼ変わらないことがわかってきました。

より精密な検査でわかってきた加齢で代謝が落ちないこと

今回デューク大学の研究チームは「二重標識水法」という方法で代謝を調べました。より難しい計測方法ですが正確性の高いことで知られているため、これまでの研究よりも正確な代謝がはかれるとされています。

世界29カ国に住む生後1週間から95歳までの6600人を調べたところ、20歳から60歳までは代謝が横ばいで変化がなかったことがわかりました。

そして年齢によって大きく4段階、代謝のレベルが変化することがわかりました。

  1. 1歳までに成人の50%以上の代謝に上昇
  2. 1歳から20歳までは年に約3%ずつ代謝が低下
  3. 20歳から60歳までは代謝の変化が安定
  4. 60歳以降は年に約0.7%ずつ代謝が低下

10代の思春期が最も代謝が高いと思っていましたが、確かにそれはそのとおりでした。しかし20歳に向けて代謝はどんどん落ちていきます。小学生、中学生くらいにはすでに代謝のピークはすぎているとも読み取れます。

そして20歳以降は代謝が落ち着いて60歳まで変化なし。

ということは中年になって太ってしまったのは加齢のせいではなく、単純に活動が活発だった若い頃と比べて座っている時間が多くなったこと、同時に食べるものは対して変わらないか飲酒などによって増えているからということが予測できます。

自分の体型を加齢を言い訳にできなくなった

50代、60代の肉体労働者の体はデスクワークの人よりも明らかに筋骨隆々でメタボ体型ではないことが多いです。脂肪がついていてもフィジカルの強さで言えば比較にならないでしょう。

このことからも60代であっても代謝自体は若い頃と変化がないわけで、あとは自分の行動次第です。

デスクワークの人は寿命がどんどん縮むというのは運動不足によって脂肪が増え、生活習慣病のリスクがどんどん高まっているからです。それは加齢によって代謝が落ちているからではなく、単純に余計なものを食べる上に運動時間が足りていないから。

加齢を言い訳にはできなくなった研究結果ですが、逆に加齢と諦めなくて良いことがわかる研究結果でもあります。

あわせて読みたい記事

カテゴリ

最近更新された記事