口腔崩壊とは

口腔崩壊とは

口腔崩壊という言葉は普段聞くことはほとんどありません。また、病気のような明確な定義がありませんが、一般的に10本以上の虫歯がある、歯根がない状態を指します。

その結果、食べ物の栄養摂取がうまくできなくなったり、そもそも食べられなくなったり、また顎が未発達になるなどの弊害が起こります。

口腔崩壊の原因

色々なことが考えられますが、虫歯になるのは歯磨きをしていないことが主な原因になります。また歯磨きをしていても虫歯ができてしまうことがあるので、虫歯ができても歯医者に行かないこと、これも意外と口腔崩壊の原因になっています。

実際に虫歯になっていても歯医者に行かない人は、歯医者が怖いから、という理由たけでなく歯医者に行くお金がないから、という場合もあるようで、口腔崩壊をしてしまう子供が最近は増えています。

貧困家庭で歯医者に行けないことや、そもそも歯磨き習慣を身につけさせるしつけをしてこなかったなど、色々と家庭環境の問題で子供の口腔崩壊が目立っています。

それ以外の大人の場合は単純に歯磨きが上手くできていないことによる歯肉炎や歯周病から歯が抜けてしまったりして次々と連鎖して10本以上に影響がでてくれぎそれはもう口腔崩壊となってしまいます。

口腔崩壊になるとどうなるか

口腔崩壊してしまうと、もう歯がなくなっているか、もしくは虫歯やその他歯周病等によって今ある歯が使いのにならなくなってい可能性があります。

そうすると普通に食べているものが噛めなくなってしまいます。例としてはお米が硬くて食べれない、という場合もあるようです。

このように普通に歯が生えていれば柔らかいものも、口腔崩壊してしまっていると硬く感じたり食べにくくなります。これが食事量自体を減らし栄養失調の原因にもなつています。

永久歯が口腔崩壊すると悲惨

中学生では口腔崩壊が一旦減りますが、高校生になると一気に口腔崩壊が増えます。これは乳歯で口腔崩壊をおこしていても、永久歯に生え変わってしまうと口腔崩壊から一時的に回復するからです。

しかし口腔崩壊する生活習慣は変わることなく続くため、永久歯に変わって暫く時間経過した高校生でも徐々に口腔崩壊が広がっていきます。

口腔崩壊を予防する方法

まずは毎日の歯磨き習慣を身につけること。そして虫歯の定期健診を受け、虫歯の治療を都度やっていくことです。

歯医者に通うお金がないことが昨今の子供の口腔崩壊が増えた理由とされています。



カテゴリ

最近更新された記事