ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは奥歯の奥まで磨ける

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは奥歯の奥まで磨ける

ソニッケアーの電動歯ブラシは誰でも知っているほど有名な電動歯ブラシです。ただ価格がちょっと高いので一般的に誰もが買えるものではありませんが、ソニッケアーの最上位モデル、ダイヤモンドクリーンを使ってみて驚きの磨き具合だったのでご紹介します。

歯ブラシが届けばどこでも綺麗になる

私は奥歯の外側まで歯ブラシは届くのですがそこをゴシゴシと奥に歯ブラシを突っ込むようにして磨くことができませんでした。口の奥に歯ブラシがガンガンあたってしまうからです。

そのため歯磨きをした後も奥歯の外側だけは磨き残した感じが残っていて不快感がありました。当然奥歯の歯間もしっかりと磨けていなかったと思います。

私がソニッケアー ダイヤモンドクリーンを買った経緯はこの奥歯を完璧に磨いてキレイにする、これが理由でした。

実際にソニッケアー ダイヤモンドクリーンを使うと、自分の手はまったく動かさず、ブラシが歯に当たればそこが自動的にキレイになっていくのが大きな特徴です。ですから奥歯の外側にブラシさえ当たれば完璧に歯垢を磨き落としてくれます。

奥歯の外側だけでなくさらに奥歯の奥までブラシが届いてずっと振動しているので無駄な動きをして歯ブラシで歯茎を傷つけたりすることがなくなりました。

歯茎のマッサージにもなる

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは歯だけでなく歯と歯茎の間に45度の角度をつけて当ててあげると歯周ポケットに入っている歯垢なども掻き出せます。

さらに歯茎に軽くブラシを当ててあげれば歯茎のマッサージにもなるため歯周病予防をトータルでケアすることができると実感しています。

普通の歯ブラシには戻れなくなった

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンを毎日使っていて、たまたま普通の歯ブラシを使わざるを得ない日がありました。朝晩しっかり磨いているはずなのに、ソニッケアー ダイヤモンドクリーンで磨いた時とは雲泥の差を感じるほど磨き残しを感じました。

歯科医もソニッケアー ダイヤモンドクリーンを使っている方が多いとのことで、私たちのような歯磨きの素人なら特に手磨きではなく電動で磨きにくい部分もしっかりと歯垢を落とせるソニッケアー ダイヤモンドクリーンが必須なのではと思います。

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンを使っていて注意したい所

電動歯ブラシは高速でブラシが動いているので口から出すと歯磨き粉が飛び散ります。慣れないと前歯を磨くときや口の中でブラシの向きを変えるときなど前方に向かって歯磨き粉や唾液が飛び散る危険性があります。

また、ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは唾液腺を刺激するので磨いているとどんどん唾液が出てきます。これはずっと使っていても慣れることはなく、鏡を見ていないと急に唾液がポタポタ落ちてくることも珍しくありません。磨きながら唾液を捨てる必要があります。

唾液に関しては歯磨き粉を使っても使わなくても同量出てきます。

そして電源ボタン。ここが防水仕様になっていないため、ソニッケアー ダイヤモンドクリーンを丸洗いすると壊れます。洗って良いのはブラシとその結合部分のみ。ソニッケアー ダイヤモンドクリーンが壊れる原因のトップが電源ボタンを濡らしたことです。

ソニッケアー ダイヤモンドクリーンのコスパ

個人的には磨けない部分が完璧に磨けるようになっているので大満足の商品なのですが、替えのブラシがやや高めで普通の歯ブラシの10倍以上する1,300円ほど。

これを高いと捉えるかですが、私は磨き残しがほぼゼロになるため問題ないかなと思っています。1本あたり1,300円で3ヶ月使えます。1ヶ月400円ちょっと。そう考えると安いと思いませんか?

さらに手磨きよりも歯垢の除去率が10倍というアダプティブクリーンブラシがあります。ちょっとだけ値段も高くなり、1本あたり1,480円ほど。私はダイヤモンドクリーンブラシを使っているのでこれでもかなり良いブラシなのですが、歯垢の除去が10倍というのを見ると使ってみたくなります。

この他にデンタルフロスで歯間をケアしていて、歯間ケアの嫌な臭いがソニッケアー ダイヤモンドクリーンを使い出してから何倍も軽減されたと感じています。ソニッケアー ダイヤモンドクリーンで歯間をキレイにできるわけではありませんが、振動によって歯間にも影響があるのではと感じています。

歯周病予防、虫歯予防にソニッケアー ダイヤモンドクリーンは本当にお薦めです。



カテゴリ

最近更新された記事