歯間ブラシとデンタルフロスの比較

歯間ブラシとデンタルフロスの比較

歯間ブラシとデンタルフロス、この違いがわかりますか?歯についてまったく関心がなければ違いもわからないし、そもそもデンタルフロスなんて聞いたことがない人も多いはずです。

じつは歯科医はほとんどが歯間ブラシを使って歯磨きをしているそうです。それほど歯間ブラシが重要であり、30代以降は歯茎が下がってくるため、必ず歯間ブラシも使って歯垢を落とし、また定期的に歯科医で洗浄してもらう必要があります。

歯間ブラシとデンタルフロスの違い

歯間ブラシ・・・歯周病予防。歯と歯肉の隙間までキレイにする
デンタルフロス・・・虫歯予防。歯間の汚れをとる

というわけで、30代以降はまず歯医者に行って、歯間の汚れをとり、また歯周ポケットの汚れを血が出るまで掻きだしてもらう必要があります。その後、きれいになった状態などを見て歯科医師がどのようなケアをすべきかアドバイスしてくれます。

歯間ブラシとは

歯間ブラシは、細い棒に柔らかいたわしのようなブラシがついたものです。L字型のものが奥歯にも入りやすく、内側からも外側からも歯間に入れることが出来るため便利です。

歯間ブラシの目的は、歯周病予防です。基本的に全員が使う必要はないですが、歯科医師に歯間ブラシで歯茎までしっかりと磨くように言われたら使う必要が出てきます。

なぜかというと、30代以降ははぐきが下に下がってきます。汚れもたまりやすく虫歯だけでなく歯が落ちてしまう歯周病を防ぐために入念に歯間ブラシでキレイにする必要があります。

歯間ブラシの使い方

まずは自分の歯間の隙間の広さで歯間ブラシを選びます。あまりにも細いと歯間に入れやすいですが歯垢がしっかりと落とせません。

歯間ブラシを選ぶポイントは、歯間ブラシの軸となっている針金部分が挿入するときに歯に当たると感じるものは太いです。また、

また、前歯と奥歯によって歯間の隙間が違うので使い分ける必要が出てくる方もいるでしょう。何よりも無理に歯間に入れるものではないということを理解してサイズの合う歯間ブラシを使うようにしましょう。

歯間ブラシで出血する

歯間ブラシを使い始めてすぐは歯茎から出血する場合がありますが気にする必要はありません。大抵の人は歯茎が健康ではなく腫れているので刺激で出血することはよくあります。
2週間位毎日使っていくと、歯間、歯周ポケットの汚れがとれていき、歯茎も健康的になり出血が止まります。

また出血だけでなく口臭もひどくなりますが、これは歯間のとんでもない汚れを掻き出しているためで、当然のことです。毎日歯間ブラシを使うことで汚れとともに口臭がかなり軽減します。

デンタルフロスとは

デンタルフロスは紐状のもので、両手の指に巻きつけて歯と歯の間に入れて汚れをとります。

これは歯周病予防ではなく虫歯予防の効果が高いと言われています。基本的に使い捨てで価格も安いです。デンタルフロスには細いものと太いものがあるのでまずは細いものから使うようにしましょう。

また、初めてデンタルフロスを使う方は、デンタルフロス自体に滑るワックス加工がされているものを使うようにしましょう。初めてデンタルフロスを使う場合、歯間の隙間がほとんどないのでワックスがないと歯間に入れることができません。価格が少し高くなりますが数十円程度ですのでワックスつきのものが便利です。

デンタルフロスは歯間の汚れを掻き出す

デンタルフロスは糸を歯間に挟んで上下左右に糸ノコギリのように動かして汚れをかき出します。使うとすぐに歯と歯の間に隙間が実感できます。本来歯間はこれくらい間が空いているものなのです。

毎日歯磨きの後にデンタルフロスでしっかりと汚れを掻きだして歯磨きで仕上げます。場合によってはマウスウォッシュタイプの歯磨きをすることで歯間にしっかりと洗浄成分が行き渡ります。

注意点としては、上からデンタルフロスを力ずくで下ろすと歯茎に食い込んですぐに出血します。ゆっくりと前後に引くように動かして入れて、歯間をゴシゴシと磨くようにして、また前後にゆっくりと動かしながら抜き取ります。
デンタルフロスを歯間から抜く際も一気に上に上げると歯がそのまま抜けてしまう人もいるかもしれません。ゆっくり丁寧に磨きましょう。




カテゴリ

最近更新された記事