口内炎をすぐに治す方法

口内炎をすぐに治す方法

自然にできてしまう口内炎から口の中を噛んでできる口内炎のどちらも、最初は長引かないと思っていても実は後から帰路行くなって大きく穴が開いたようになりますよね。しかもそうなると治るまで1週間以上掛かることが多いでしょう。

口内炎をすぐに直せば不快感もないですし、もう一度噛んでしまうことも減るでしょう。

ここではすぐに口内炎を治す方法を開設していきます。

口内炎治療薬、ケナログを使う

口内炎は口内炎自体に塗る塗り薬で一気に治すことができます。基本的に小さい状態ですぐに使っても問題ありません。逆に口内炎が大きくなってから使ってもいいですが、それまでが辛い思いをするだけなので早めにケナログを塗ったほうが良いでしょう。

ケナログのほかにも色々と口内炎の塗り薬は売っていますが、私はもう10年書くケナログを使い続けています。というのも、ドラッグストアで普通に売っていて手軽だからです。

内服薬もありますが、直接口内炎患部に塗るタイプが最短で口内炎を治す方法になります。

日タモンBを摂る

口内炎などの口の粘膜などを保護するため、ビタミンBは必須です。口腔内粘膜を守り、強化します。私は毎日ビタミンB群サプリメントを3回に分けて毎日3日分を飲んでいます。

それでも口内炎ができてしまうときはできてしまうし、噛んでしまうとまた口内炎が悪化してしまいますそのためできるだけ回復をうんガス栄養も積極的に取り入れていきましょう。

ケナログは朝晩の2回でOK

ケナログは朝晩の2回だけ抜けばOKです。あとはぬったあとは30分ほど何も飲食はせず、またケナログを舐めて口内炎患部から取ってしまうおもったいない。

少し口をあけて放置すしてあげると落ち着いてきます。これを朝晩2回ずつやって、2日程度で口内炎が収まっていきます。

参考サイト

口内炎の治し方



カテゴリ

最近更新された記事