LCCは事故の危険性はないのか

LCCは事故の危険性はないのか

LCCは低価格で国内旅行や海外旅行ができる格安航空会社です。料金が大手よりも安いことで人気です。しかし安すぎることが安全上の心配を生んでいますし、事実LCCによる墜落事故や不具合発生棟が起こっています。

果たしてLCCは安全なのか危険なのかを解説していきます。

LCCが安いのは安全対策を削っているわけではない

LCCは例えば東京-沖縄で利用した場合、5,000円超からあります。この価格は安すぎて新幹線等々も驚く価格だと思います。

これだけ安いと安全面の対策を削っているのではないかと思ってしまいますよね。

サービスを省いて運賃を安くする

LCCは各社無料で提供しているサービスのほとんどを有料化。普段から色々機内などで飲食する場合はLCCの場合は有料になるので気をつけてください。

そのほか枕やブランケットに至るまで全てが有料です。逆に余計なものがなくてよかったと思っている方も少なくないですよね。

点検作業は国のレベルと一緒

当然LCCも点検作業は毎回ごとに行われています。しかしこの点検基準が国の最低基準程度しかされていないそうです。一方のJALやANAなどは国の基準は当然クリアして、日の上で『自社が定めるさらに厳しい基準』をクリアしています。

国の基準を守れば大丈夫という補償がありません。大手の航空会社は各社独自の方法でより厳しいルールを作っているので、そこと比較すれば整備関連のミスなどがあっても仕方ないでしょう。

LCCの危険性を検証

基本的に落ちるときは落ちるので全員死亡ということもあり得るわけです。基本的に整備がしっかりできていれば飛行機は余程のことがない限りは墜落することはないためあまり心配はないほうが良いでしょう。

ちなみに上空で乱気流などにガタガタと揺れやすいのは小型機です。LCCの多くは小型機であることが多いため、毎回LCCに乗るたびに揺れを感じる可能性もあります。
しかしこれも墜落の原因になることは滅多にありません。

基本的に飛行機が墜落する原因は整備不良かパイロットの判断ミス等によるものが多いため、LCCが危険であるとはなかなか言いにくいでしょう。
ただし、安全基準などにお金と時間をかけているのは日本ではJALやANAであることは間違いありません。



カテゴリ

最近更新された記事