マイルの有効期限がない航空会社

マイルの有効期限がない航空会社

飛行機に乗るとマイルが貯まります。最近はアメリカ系航空会社のマイル付与が距離ではなく航空券価格になってしまい、マイルがたまりにくくなってしまいました。

そのため、3年目にマイルが失効してしまう確率が高まりました。これはマイルの有効期限が取得後2年間になっているからです。

日本の航空会社であるJALやANAも同じ、2年間経過でマイルは失効してしまいます。国内線を利用しているから海外もJALやANAを使っている場合、2年間で特典航空券に交換できるまでマイルがたまらないと失効してしまうのです。

しかし実はマイルの有効期限がない航空会社もあります。

デルタ航空はマイルの有効期限がない

アメリカ系航空会社で日本に最も発着しているデルタ航空はマイルの有効期限がありません。
以前のノースウエスト航空もマイルに期限がありませんでしたが、それを引き継ぐ形で買収したデルタ航空も同じような制度になっています。

マイルに期限がないと、搭乗マイルもそうですしカード利用額に寄るポイントもマイルに移行してずっとキープできるためマイル加算率が悪くなった今デルタ航空がかなり使える航空会社になりつつあります。

マイルに有効期限があるとほとんど使えずに消える

日本はJALとANAがあり国内線などはこれらに乗る方も多いと思いますが、両者ともにマイルは2年間しかキープできません。国内線ばかり乗っていてはマイルはほとんど貯まりません。

ですから基本的に海外旅行に行くことで多くのマイルを貯めることになりますが、実際には毎年何回も海外旅行に行くことは時間的にも金銭的にも難しいため、例えば年に2回の海外旅行ができたとしてもほとんどマイルがたまらず、2年目の海外旅行4つを足しても国内旅行の特典マイル程度しか貯まっていないことがよくあります。

ちなみに年2回も長距離の海外旅行に行ける人は少ないでしょうから、さらにマイルを貯めるのが難しいことがわかりますよね。

デルタ航空は最もマイルが貯まりやすいカードがある

マイルをためるクレジットカードはたくさんありますが、その中でももっともマイルが貯まりやすいクレジットカードがデルタ航空のアメックスカードです。

普通のカード決済では100円で1マイルとなり、これは普通です。しかしマイルが直接貯まるので、よくあるポイントからマイルへ移行するときに必要な手数料などが不要です。

そして年間100万円決済ごとに通常加算マイルとは別のボーナスマイルが5000マイルもつきます。これが最もマイルが貯まりやすいクレジットカードの理由です。

さらにカード入会時はボーナスマイルが3万マイルほど貰えるため、これだけでもかなり得ですよね。

有効期限を気にせず貯め続けるのが理想

デルタ航空のようにマイルの有効期限をまったくきにすることなく数年単位でコツコツためていくのが理想です。
むりやり飛行機に乗ったりカード決済を多くしたりする必要はありません。数年後、家族で無料特典航空券で海外旅行できる可能性は最も高いと言えます。

参考サイト

デルタ航空公式サイト
デルタトラベラー
マイレージ比較



カテゴリ

最近更新された記事