スポーツ、クリケットの競技人口は世界2位!

スポーツ、クリケットの競技人口は世界2位!

クリケットというスポーツを聞いたことがあるでしょうか。実は競技人口がサッカーについで世界2位というとてもメジャーなスポーツなのです。

しかし日本ではほとんどクリケットの存在がしられていませんし、またルールが複雑で覚えるのが面倒という人もいる上に、試合時間が数日かかるというほど特殊なスポーツ。そんなに面白いものなのか、ということを詳しく掘り下げてまとめました。

クリケットとは

クリケットというスポーツはイギリスが発祥です。イギリスでは国技となっており、イギリスに関係している国々ではメジャースポーツとして知られています。

例えばオーストラリア、インドなどです。日本ではほとんど知られていないマイナースポーツですが世界的に見るとサッカーについで世界人口が2番目というメジャースポーツであり、日本人が世界のメジャースポーツから置いていかれている状態なのです。

プロクリケット選手の年収は30億円を突破したというから驚きです。

クリケットのルール

クリケットは投手と打者がいるのは野球に似ています。板のようなバットで投手が投げたボールを売って、サークルのそとに出せば得点が入ります。

しかし打った玉をノーバウンドでキャッチされるとアウト。また打者の後ろにある棒に投手が投げるボールが当たるとアウト。野球でいう見逃しストライクのような状態ですね。最終的に10アウトで交代となります。

細かいポイントなどルールが複雑で、野球の原型にもなっているということですが、もう少し複雑なのがクリケットです。

詳しいクリケットの試合についてはこの動画が非常に参考になります。

日本のクリケット

日本ではクリケットのプロリーグはなく、協会がありそこから世界大会などへ出場するなど活躍しています。

日本国内ではマイナーですが、実は日本のクリケット選手たちは海外の大きな大会で入賞・優勝の実績があり、また日本のクリケット協会も国際クリケット評議会で準メンバーに昇格するなど、働きかけと実力の向上は世界から認められ始めているようです。

今後日本から国際的なクリケットプレーヤーが誕生する可能性もゼロではなさそうです。



カテゴリ

最近更新された記事