生乾きの臭いは洗濯しても取れない理由と対策方法

生乾きの臭いは洗濯しても取れない理由と対策方法

生乾きの臭いは梅雨時期にかなり気になります。普段の洗濯で、天気が悪い日など先駆たものが乾きにくかったりすると生乾きの臭いが異様に強くなることもありますよね。

実は生乾きの臭いというのは、水が腐って臭うものではありません。基本的に臭いが発生するときは雑菌が異常に繁殖したときに起こりますが、生乾きの臭いの場合は雑菌が繁殖しても実は臭わず、雑菌の糞が臭っているのです。

モラクセラ菌の糞が臭いの原因

生乾きの臭いはモラクセラ菌の糞が原因です。モラクセラ菌自体はどこにでもいる雑菌なのでこれ自体が臭うわけではありません。

モラクセラ菌が大量に増殖するのは当然生乾きの状態になったときです。しかしこの時点ではまだ臭いはしません。生乾き状態で元々いたモラクセラ菌が大量増殖し、さらに大量のモラクセラ菌が糞をすることで臭いが一気に爆発します。

モラクセラ菌は洗っても落ちない

実はモラクセラ菌は洗濯しても、また干して完全に乾いたとしても落ちることはありません。ですから以前生乾きで臭かった衣類はしっかりと洗濯して完全に乾かした場合でも臭ってしまいます。

ですから古い洋服やタオルなどはなんとなく臭い、臭いが取れないと思ったことがあると思いますがこれはモラクセラ菌がずっといるからです。そして古いタオルなどは体を拭いたときなどにモラクセラ菌が一気に増殖して臭いがぶり返したように感じるのです。

モラクセラ菌を落とす方法

モラクセラ菌は除菌タイプの洗剤で洗濯すると落ちます。部屋干ししても臭わないというのは、除菌によってモラクセラ菌を減らしているからです。

部屋干しすると乾きが遅く、もともと衣類やタオルにいたモラクセラ菌がそのときに大量増殖して生乾きの臭いが発生します。

まずは除菌タイプの洗剤を日々使うことをお薦めします。その次に選択後はそのままにしないですぐに干してしまうこと。

そして洗濯はできるだけこまめにして雑菌の増殖を防ぐことが大切です。

またモラクセラ菌は熱に弱い性質があるので熱湯に浸けたりするのも良いですが、アイロンをかけるのも効果的です。



カテゴリ

最近更新された記事