加齢臭の原因と誰でも簡単にできる消臭&予防方法

加齢臭の原因と誰でも簡単にできる消臭&予防方法

加齢臭は老化によってほぼすべての人から出てくる体臭です。基本的に嫌な臭いとして認知しれていて、実際に加齢臭がきつくなるとエレベーターにも一緒に乗りたくなくなるほど強烈な加齢臭を放つ人も出てきます。加齢によって自然に出てくるため、完全に防ぐことは不可能ですが、加齢臭の原因を絶ち、また消臭するための生活習慣を徹底することで改善することは可能です。

加齢臭の原因

加齢臭は皮脂が酸化してできた臭いです。これをノネナールと言います。しかし実際ノネナールは近づくのも無理な香りというわけではなく、ろうそくや古本の臭いと例えられる程度であって、ワキガなどのように強烈な香りではありません。

加齢臭というとオヤジ臭という言葉があるように男性からする臭いだと思われがちですが、女性も閉経後に加齢臭を発するようになります。これは男性ホルモンによって皮脂腺が活発になり皮脂分泌量が多くなるためです。そして皮脂が酸化することによってノネナールが発生し加齢臭が出てきます。

加齢臭は皮脂分泌量が多く分泌されることによってさらに強く臭います。特に男性の場合皮脂分泌量は多いこと、また汗の量も多いので加齢臭に加えて一般的な体臭も混ざって臭いが強くなることがあります。

何れにせよ加齢臭の原因が皮脂であることがわかれば、皮脂対策をすればある程度加齢臭対策ができることがわかると思います。

皮脂分泌量を抑える

まずは加齢臭の元となる皮脂を抑えることです。

有酸素運動で脂肪分を抑える

有酸素運動によって血中の遊離脂肪酸を減らすことができます。遊離脂肪酸はニオイのもとになる脂肪酸なのでこれが少なければ少ないほど加齢臭だけでなく体臭自体が抑えられます。また運動によって体脂肪が減れば、脂肪酸自体が減ることになるで体臭予防に繋がります。

加齢臭対策に必要なのは激しい運動ではなく緩めの運動を定期的に行うことです。具体的には簡単なものはウォーキング。実際ウォーキング程度の軽い運動を毎日20分続ければ加齢臭の原因である脂肪酸が徐々に減っていきます。体脂肪が減ると同時に実感できるでしょう。

ジョギングやサイクリングなど汗をかく程度の運動も効果的ですが、続けられなければウォーキングでも構いません。

食べ過ぎないこと

食事内容にもよりますが、基本的に暴飲暴食しないことが大切です。特に脂っこい食事は加齢臭にとって最悪です。皮脂は脂そのものですから、それを食べ物から補給してしまっては元も子もありません。

基本的に肉類は体臭を強くするのであまり食べすぎず、魚などもバランスよく食べるようにしましょう。特に野菜は意識して多く食べることで皮脂分泌量が過剰になるのを防ぐことができる上に、ダイエットとしても有効ですから体脂肪を減らすことも可能です。

このように運動と食事によって脂肪酸自体を減らす努力が必要ですが、どれも極限までやる必要はなく日常に取り入れて継続して続けていくことが最も大切です。続けられないような過酷な制限をかけすぎればストレス過多になってしまい逆に皮脂分泌量が増え、酸化することで加齢臭が強烈になる可能性も。

ノネナールを抑える

食生活や運動習慣を整えたら、あとは出てくる皮脂とノネナールに変化してしまったあとの対処が必要です。基本的に毎日シャワーを浴びて清潔に保つこと。また汗をかいたらすぐに拭いて残さないこと。皮脂が多い部分は清潔にしておくこと。これが大切です。

また制汗剤や消臭剤などを使うことでかなりノネナールに対処することができます。基本的に加齢だから加齢臭が出るのは仕方ない、と諦めず、身だしなみを整えることが大切です。



カテゴリ

最近更新された記事