エアウィーヴの評判と感想まとめ

エアウィーヴの評判と感想まとめ

エアウィーヴが有名になったのはオリンピック強化選手たちが使いはじめたことでしょう。
それまで快眠のためのマットレスとしてじわじわと知られるようになった中で、日本のトップアスリートたちに支給されるほどの快眠効果と体への負担軽減があることを暗にしらしめる結果となりました。

それではエアウィーヴの構造と快眠効果、実際に使った評判と感想をまとめました。

エアウィーヴが体に負担をかけない構造とは

エアウィーヴはマットレスのほとんどが空気です。
素材は特殊なエアファイバーでできていて、乾燥した寒天のような見た目です。スカスカで柔らかいようには見えませんが、オリンピック選手たちは丸めて持ち運んでいるほど弾力性があります。

エアウィーヴの特徴

エアウィーヴで疲れない理由

エアウィーヴの繊維は強い反発性があり、沈み込む体を支えるほか、寝返りを打つと同時に形状が戻っていくため、反発力によって寝返りをサポートします。
1晩で30~40回寝返りを打つと言われているため、寝返りによる体の疲労感を軽減します。

さらに仰向けに寝た時に自然なS字カーブを描いて体圧分散。やわらかすぎるマットレスは肩甲骨や腰などが沈み込んでしまい体が寝ている間に凝り固まって起きた時に体が痛くなります。
エアウィーヴは体圧分散によって一点に体圧がかからないようになっているため、朝起きた時の体の軽さが違います。

ウレタン低反発・高反発マットレスとエアウィーヴの違い

寝返りが楽

最も注目すべき部分は反発性です。ウレタンマットレスは沈み込んだまま形状が戻るまでに時間がかかること、体を押し返すほどの反発性がありません。
このため寝返りするたびに筋肉を使うため疲労感があり眠りが浅くなると考えられます。

逆にエアウィーヴの場合は寝返りするときに沈み込んだ体をエアファイバーが押し上げるため、楽に寝返りを打つことができます。

通気性と清潔に保つことができる

ウレタンは素材密度によりますがそれなりに重くなりますがエアウィーヴはメッシュ状になっていて体積の9割が空気層として空いているため軽いのが特徴です。

またこの素材のため通気性も抜群です。ウレタン製のものは通気性が良いとはいえないですね。
さらにエアウィーヴ水洗いが可能ですから清潔なマットレスをキープできます。

エアウィーヴの評判

エアウィーヴがどれだけ指示されているかをまとめました。

スポーツ選手に評判の良いエアウィーヴ

2007年、オリンピック候補選手のトレーニング施設「国立スポーツ科学センター」で採用
2008年、北京五輪では日本代表競泳、陸上チームの選手が選手村に持参
2010年、バンクーバー五輪で代表選手が現地へ持参
2010年、南アフリカサッカーW杯で多くの日本代表選手が腰痛対策として現地へ持参
2011年、ロンドン五輪で150名以上の日本代表選手に「エアウィ―ヴ」を支給

航空会社でも採用

フルフラットシートのビジネスシートなど、国内航空会社でエアウィーヴが作用されているそうです。
ベッドのように平らになるとは言え、狭い空間で寝るのは寝返りも十分に打てない状態が続くわけですからエアウィーヴの効果がもっとも発揮される場所かもしれません。

宿泊施設で採用

高級ホテルで有名メーカーのベッドが採用され、宿泊客に愛されているように、エアウィーヴも滞在中の熟睡を助けるために採用する宿泊施設が出てきています。

石川県和倉温泉の名門老舗旅館・加賀屋で特別室にエアウィーヴの敷布団が用意されました。
帝国ホテル 東京でもベッドマットレスとしてエアウィーヴを採用する部屋を設けています。

エアウィーヴの使い方

最初に作られたベーシックなエアウィーヴはベッドのマットレスの上に敷いて使うマットレスパッドとして発売されました。基本はマットレスの上に敷くものだと考えてOKです。エアウィーヴの人気が高まり、現在は敷パット以外の商品もあります。

敷布団としても使える四季布団という商品も発売されています。三つ折が可能で、エアウィーヴ独特の軽さもあってしまいやすくなっています。
もし和室などで布団で寝たいというかたはエアウィーヴ 四季布団を選んでください。サイズもダブルまであります。

ベッドマットレスになったエアウィーヴもあります。これはそのままベッドフレームにいれて使えます。サイズは現在シングルのみ。

エアウィーヴの耐久性

エアウィーヴが発売され、多くの人が使い始めてまだそれほど年数が経っていないのでメーカーが公表している耐久年数をご紹介します。
なんと8年だそうです。実験では80万回の寝返りや負荷をかける実験をしたところ導き出された数字だそうです。

なぜ8年もエアウィーヴの反発性が持つのかというと、エアウィーヴの繊維が寝た時の圧力によって伸びてしまうことがないため、へたる心配がありません。

エアウィーヴは他社の安眠マットレスなどと比べると高額ですが耐久性は高く、さらに洗えるため長期間使い続けることが出来るでしょう。

参考サイト

エアウィーヴ公式サイト



カテゴリ

最近更新された記事