森林浴とNK細胞

森林浴とNK細胞

森林浴は昔から良いとされていました。自然の中にいると落ち着く、木漏れ日がキレイ、静かで居心地が良い、などなど精神的な部分で森林浴は昔から良いものだと言われてきました。

最近になって森林浴がもたらす精神面への影響とNK細胞増加のメカニズムが解明されました。

森林浴の効果

森林浴の効果はもう既に皆さんが体感している通りです。心が落ち着く、精神的なリラックスができる、これが森林浴の効果です。

では木々が多い森のなかではどのような働きがワタたちに影響しているのでしょうか。

フィトンチッドの香りがリラックスさせる

森林の中に入ると独特の香りが漂います。これがフィトンチッドです。フィトンチッドは森林から発せられる香りで、精神的リラックス効果があることがわかっています。

森林の中に入って、森の香りを感じなくても、思わず深く深呼吸したくなることはありませんか?山に登ったりして空気が澄んでいるということもありますが、木々に囲まれて深呼吸したくなるのはフィトンチッドが多く発生しているからです。

木々は光合成をしていますが、それと同時にフィトンチッドを排出します。私たちがフィトンチッドを吸い込むと自律神経が安定し、精神的にもリラックスできることがわかっています。

草葉の緑が視覚からリラックス効果を与える

もうこれは誰もが実感しているグリーンの効果ですね。森林で緑に囲まれるだけでもリラックス効果があり、気持ちが晴れやかになります。

この効果は自宅やオフィスなどに観葉植物を置いていて感じるものと同じです。実際にオフィスに観葉植物があるだけでストレスレベルがかわったというデータもあります。

森林浴の癌予防効果とNK細胞

森林浴にはがん予防効果があると言われています。都内に澄んでいると森林浴はなかなかできませんが、NK細胞の働きとがん予防効果を知るとすぐにでも森林浴に行きたいと思うでしょう。

森林浴でNK細胞が増えた

NK細胞というのはナチュラルキラー細胞のことで、癌などの体に害のあるものを倒す細胞です。もともと私たちの体にあるもので、NK細胞が強ければそれだけ病気に罹りにくくなります。

がん患者はNK細胞が少なくっていることもわかっていますが、実は森林浴をすることで血中のNK細胞が増えることがわかっています。

NK細胞が活発であればあるほど免疫力が高くなり、あらゆる病気への抵抗力が高まります。

癌とNK細胞

以前からNK細胞が多い人は癌にかかりにくいということがわかっています。NK細胞は予め癌にかからないように予防の働きをします。

日頃から森林浴を行っていると体内のNK細胞レベルが高くなり、癌にかかりにくい体になることがわかっています。



カテゴリ

最近更新された記事