ストロベリームーン

ストロベリームーン

ストロベリームーンをご存知ですか?月が赤く濃いピンクになる満月のことで、これがストロベリームーンと呼ばれています。

いつからどこでストロベリームーンという言葉が生まれたのか、その意味や名前の由来を詳しく解説していきます。

ストロベリームーンの意味

ストロベリームーンはもともとネイティブアメリカンが名づけたのがはじまりです。

そしてストロベリームーンが見える6月にはネイティブアメリカンたちがこれをきっかけに苺をつみはじめることから名付けられました。

見た目もいちごのような色をしていますが、この色の月が出たら苺の収穫をするという絶好のタイミングで出てくる赤い月もスゴイですね。

色だけでなく、古い習慣の意味も込められたストロベリームーンは毎年6月に見ることができます。

なぜストロベリームーンが赤く見えるのか

ストロベリームーンが見られるのはまず太陽と月の条件があります。

日中・・・太陽⇒非常に高い地点
夜・・・月⇒が非常に低い地点にある

この条件が満たされるとストロベリームーンが現れます。

ストロベリームーンの言い伝え

昔から赤い月は魅惑的ですよね。ストロベリームーンと名付けられたこの月には色々な言い伝えがあります。

ストロベリームーンを見ると幸せになれる、好きな人と結ばれると言われているそうです。
ストロベリームーンは6月の夏至のあとのものだけを言います。これはネイティブアメリカンが苺を摘む時期を意味しているためです。他の月には別の言い方や意味がこれられた赤い月が現れます。

梅雨時期ではありますが、ストロベリームーンを頼みしたいですね。



カテゴリ

最近更新された記事