クレジットカードの支払い遅延で住宅ローンローン審査に落ちる

クレジットカードの支払い遅延で住宅ローンローン審査に落ちる

クレジットカードの支払いが遅れるとブラックリストに入れられてしまいます。ブラックリストに登録されてしまうと5年は情報が残ってしまうので、支払い遅延がある信用できない人と認定されるので、その後の人生で住宅ローンを借りようとすると審査落ちする可能性が高くなります。当然ですが新規でクレジットカードを発行する場合も返済やその後の支払方法にもよりますが審査落ちする可能性が高まります。

クレジットカードのブラックリスト

クレジットカードの支払いが遅れたり、支払い自体をせず放置していると、ブラックリストに乗ってしまうことは知られていると思います。このブラックリスト、実はクレジットカード会社各社が共同で出資した機関に情報が蓄積されています。ですからイオンカードで支払い遅延があったことは、会社の違うアメックスが参照して審査のときに基準として利用することが可能なのです。

このように、一度クレジットカードの支払い遅延が発生してしまうと新規でクレジットカードを作ろうとしても審査の時点でブラックリストを参照されて審査に落ちる可能性があります。

しかしすぐに支払っていたり、支払い遅延後に一度も同じようなことがなければ、審査に通りやすいクレジットカードなら新規発行も可能でしょう。こればかりはクレジットカード会社独自の審査基準によるものですから何とも言えませんが・・・。

以前の支払い遅延によって住宅ローン審査にまで落ちる

以前大きな支払い遅延やバックレなどをしている場合、その数年後だったとしても信用情報を見たときに記録が残っていれば住宅ローン審査に落ちることが多々あります。

自分は忘れていても、最低5年はブラックリストから消えません。保存期間が長い信用機関にあたってしまうと10年は記録が残ります。20歳で何か起こしてしまった場合、最悪30歳まで記録が残り続けます。

ちなみに家を買う気満々なのにも関わらず、銀行の審査で落ちて買えない人がかなり多いことをご存知でしょうか。毎月返済額6万円、という誰でも手が出せそうな住宅ローンでも審査に落ちてしまうんです。これは年収だけの問題ではなく、信用情報に何か問題がある場合などにも起こります。

ブラックリストに登録されたらどうすればよいか

これはもう待つしかありません。最低5年まてばブラックリストから消えます。ただしクレジットカード会社独自の情報として返済されていないなとの情報が残っていた場合は新規のカード発行はできない可能性が高いので使った分はしっかりと支払うことを意識すべきでしょう。

そして一度支払い遅延をしてしまったら、すぐに対応しましょう。ダラダラ放置は絶対ダメです。

その後は絶対に支払い遅延が発生しないように毎月コツコツカードを使い続け、支払いも守りましょう。クレジットカードは良い履歴を積み重ねていくこともとても大切です。



カテゴリ

最近更新された記事