家族に勝手にクレジットカードを使われてしまったときの対処法

家族に勝手にクレジットカードを使われてしまったときの対処法

最近はサインレスでクレジットカード決済が可能です。家族がクレジットカードを勝手に使ってしまう事例は昔からあります。普通家族なら勝手に使うことなんてあり得ないと思われがちですが、実際無断で巨額の請求が届いてバレたということが少なくないようです。

家族がクレジットカードを勝手に使う手口

ほとんどがこのような状況で家族に勝手にクレジットカードを使われてしまいます。

家族カードを渡している妻や子供が勝手に大金を決済していて、請求は本カード会員である自分の銀行口座に来るわけです。これは別居中の妻が勝手に使うなどで離婚問題が絡んでいたりすることが多く、意外とよく聞く事例です。

請求の拒否はできない

家族が正規にカード決済しているため、請求が来れば支払う必要があります。このときに支払い拒否はできません。支払わない場合は遅延損害金が日々ついていくので早く支払ったほうがよいでしょう。また同時にブラックリストに入ってしまうので次回の新規クレジットカード発行や借り入れでマイナスに審査されてしまいます。

家族カードや自分のカードを停止する

家族に勝手にクレジットカードを使われたことがわかった場合、すぐにカード会社に連絡しクレジットカードの使用停止、解約を申し出ましょう。家族カードの場合は即時解約です。

自分のカードの場合はカード番号の変更もできます。特にネット通販サイトにクレジットカード情報を登録されていて、パスワード等も不要で何でも注文し放題になっている場合はカードの解約かカード番号の変更を依頼しましょう。カード番号の変更の場合はカードを新規発行するため、届くまでに2週間ほどかかる場合があり生活は不便になりますが、解約してから新規発行よりは審査もなくラクなのでお薦めです。

家族はあくまで他人

家族は信頼すべきですが、お金のことになるとそれはまた別の話になります。夫婦の場合はもともと赤の他人ですから、離婚や別居の際はクレジットカードの情報などもよく調べて解約するものはしないとあとで痛い目にあいます。

できることならカードは家族全員別で発行し、請求先の銀行口座も別のものにしておくのが安全です。生活費用のクレジットカードと銀行口座もしっかりとわけてあると便利ですしこのようないざというときにもリスクを軽減できます。



カテゴリ

最近更新された記事