クレジットカードのサインは必要?

クレジットカードのサインは必要?

昔はクレジットカード支払いのときにサインをしなければいけなくて、面倒だから現金を使っている人も多かったと思います。最近クレジットカード支払いでサインをしたことはありますか?殆どの場合なくなってきているはずです。

サインレスになってきている

最近のクレジットカードはICチップが入っています。昔のカードを使っている場合はICチップが入っていませんが、カード有効期限よりも前に新しいカードが送られてくることが有り、大抵はそのときにICチップ入りのものに切り替わっています。

ICチップが入っていることでICチップを読み取って決済するためサインが不要です。

というのもICチップは情報量が多く偽造されにくいこと、今までの磁気ストライプをスキミングして偽造されることもないことで本人のサインが不要になるほどセキュリティが高いのです。

ICチップでカード決済するときは端末にカードを差し込んで、そこに暗証番号を入れて終わりです。サインは不要です。

また小額決済の場合などコンビニでは磁気ストライプをスライドさせて決済しますが、このときもほぼサイン不要です。小銭をジャラジャラ探したり財布を取り出してお札を抜いたりすることも不要。カードを出して終わりです。

サインが面倒だから、という理由でカード支払いが面倒な時代はすでに終わっています。

昔は漢字科ひらがなでカード裏のサインをすることがお薦めだった

まだサインをしていた頃は、カードの裏に漢字でサインするのが普通でした。海外でカードを紛失したときにカードの不正使用を防ぐためです。漢字だと外国人はサインを真似しにくくなるためカード裏に英語でサインしないようにと言われていました。

中国人の窃盗団などがいるように、カードのスキミング等が流行りましたが中国人だと漢字を書けてしまうため、今度はひらがなのほうが真似されにくいと言われるようになりました。

しかし時代はかわり今はサインなんてする必要がありません。これは日本だけでなく世界中でそうです。海外旅行でもサインさせられることはまずないでしょう。

どんどんサインレスになっていく

今後はアップルペイなどスマホに決済カード情報を登録してスマホから決済する方法が増えていくでしょう。するとさらにサインが不要になります。スマホの紛失やパスワードロック、スマホハッキングなどのリスクがつきまといますが、これらのように現金で支払う時代はどんどん減っていきます。世界で何処に行っても両替する必要がなくなります。

まだカード決済がしばらく主流になりますが、サインレスに関しては確実に100%に近い数字になるでしょう。



カテゴリ

最近更新された記事