TBOPP ガン細胞の生存・転移させない新薬開発の可能性

TBOPP ガン細胞の生存・転移させない新薬開発の可能性

九州大学生体防御医学研究所、東京大学大学院薬学系研究科が共同で調査していた、がん細胞が体内で生存し転移していくために必要なたんぱく質のみを狙って攻撃し、体内でがん細胞が生存できなくする技術を確立し、阻害剤「TBOPP」を開発。

これが一般的に処方されることができればガンによる死亡率を極端に下げることが可能になります。

すい臓がん、大腸がんなど1/3の原因をターゲットに

すい臓がんや大腸がんなどの原因の主な原因として知られているRas遺伝子の異常。原因はわかっていても対処法が今まではわかりませんでした。

すでにRas遺伝子の異常は30年前からわかっていましたがようやくがん細胞がそこで生きていくための原因たんぱく質を突き止めたのです。

DOCK1を阻害するTBOPP

がん細胞が生存し転移ができるためのたんぱく質DOCK1の存在を突き止め、DOCK1を阻害する新薬としてTBOPPを製作。実際にTBOPPがDOCK1を阻害することを確認しました。

その結果、DOCK1がガン細胞の生存及び転移ができなくなったことを確認し、DOCK1を阻害することがガン治療になり得ることを実証しました。

さらにTBOPPは免疫細胞にはまったく影響を与えずDOCK1に似たDOCK2などにも影響を与えていないことも同時にわかっています。ガンが体内で活性化するのに必要なDOCK1だけを狙い撃ちで対処できるようになったのです。

難治性のガン治療に未来がまた見えた

TBOPPの開発と今後の研究次第では今までは対応が完璧ではなかったすい臓がん、大腸がんなどのRas遺伝子の異常によるガンの発生や増殖、転移を抑制し治療効果が今以上に期待できるようになります。

参考サイト

国立研究開発法人日本医療研究開発機構



カテゴリ

最近更新された記事