認知症の予防方法

認知症の予防方法

高齢化によって認知症になる人口も増え、認知症が死因につながるケースが増えつつあるようです。現在認知症の根本治療はできず、研究が続けられていますが、最近認知症予防に効果的なことがいくつかわかってきました。

高確率ではなく35%を予防できるにすぎないとのことですが、それでも認知症予防は早めにやることに越したことはないでしょう。ちなみに残り65%はどうやっても防ぎようがない認知症原因だそうです。

認知症の脳異常はかなり前から始まっている

認知症は急に異変に気づくことが多いですが、実は何年も前から少しずつ脳の異常が始まっています。高齢になってから急に認知症になるというわけではありません。

ですから早い段階で認知症予防を行うこと、気にかけることは認知症発症を遅らせたり程度を軽くしたりする効果がかなり期待できるそうです。

ロンドンの認知症会議ではこのような認知症のリスクが発表されました。

この35%のリスクをいかに遠ざけるかが重要です。

常に学び続けることが認知症予防に大切

認知症予防に重要なのは脳を使う週間があるかどうかということです。リスクのトップは聴力低下ですがこれは外部からの情報が遮断されることやコミュニケーションが取りにくくなったためだと考えられています。

そして中等教育を受けられなかった場合も、脳を使う習慣ができていない場合などが考えられています。

頭で考えて勉強する、外部との接触を多く持つことは認知症予防に最も効果的であり、逆にできていないとすれば大きなリスクになっているわけです。

定期的な運動による肥満防止や糖尿病予防も認知症リスクを低下される

定期的に運動することは認知症予防に効果があるとされています。特に肥満を改善させ、高血圧や糖尿病から脱することは認知症予防に重要なことです。

頭も使い、体も使って健康的な生活習慣を送ることが認知症予防にとても効果があるということです。

認知症予防に効果的な食べ物、サプリメント

認知症予防に効果的な食事は野菜、魚、赤ワインというのが有名ですよね。特に魚はDHAとEPAが脳の汚れをとってくれるということで認知症予防にとても効果的です。私はサプリメントで摂取しています。高齢者の方はDHAとEPAのサプリメントを飲んでるいことが多いと思います。まだ飲んでいない方は今からでも購入をおすすめします。

また赤ワインはポリフェノールの抗酸化作用が効果的です。お酒が飲めない方はこちらもサプリメントがてるのでポリフェノールサプリメントを購入することをおすすめします。

また肥満と高血圧、糖尿病なども認知症のリスクになるため食べ過ぎは控え、また肉類で脂質の高いものは避けたほうが良いでしょう。



カテゴリ

最近更新された記事