背中やお腹にできる赤い湿疹、ジベルばら色粃糠疹の特徴

背中やお腹にできる赤い湿疹、ジベルばら色粃糠疹の特徴

気がついたらかゆみの殆ど無い赤い湿疹ができていた、放置しているとどんどん背中やお腹まわりに赤い湿疹が増えてびっくりした、という方。

もしかしたらジベル薔薇色粃糠疹の可能性も考えられます。基本的に特別な治療をしなくても湿疹が1ヶ月程度で消えていき自然治癒するのが特徴ですが、もしジベル薔薇色粃糠疹と別の病気を間違えて解釈しているとしたら危険ですので、必ず病院に行って見てもらいましょう。

ジベル薔薇色粃糠疹の特徴

それなりのサイズの湿疹が次々と出てくるので不安になる方が多いと思います。痒みもなく、発熱や気分が悪くなるなどの症状もないのが特徴です。

特にジベル薔薇色粃糠疹は顔や手や足には出ないのが特徴で、手足にまで出てくると梅毒のバラ疹の可能性が高くなるためこの時点ですぐに病院に行く必要があります。

ジベル薔薇色粃糠疹の治療

湿疹はかさぶたのようになっていき消えていきます。ステロイドが処方されることがありますが、ジベル薔薇色粃糠疹の場合は何もしなくても消えていきますから、特別な治療は必要ありません。

ジベル薔薇色粃糠疹はストレスや蕁麻疹などと診断されてそのまま放置しておいたら治っていた、ということが多々あります。実際にジベル薔薇色粃糠疹という名前を聞いたことがない人のほうが断然多いでしょう。それなのに実はそこまで特別な病気ではないのです。

ジベル薔薇色粃糠疹の原因

ジベル薔薇色粃糠疹の原因は詳しくわかっていませんが、ヘルペスウイルスやマイコプラズマなどが原因ではないかと言われています。

ジベル薔薇色粃糠疹の再発

ジベル薔薇色粃糠疹は再発の可能性が非常に低いとされています。もしジベル薔薇色粃糠疹と診断され、症状の進行などもジベル薔薇色粃糠疹だろうと思われるものが完治し、その後まだ同じような赤い湿疹が出てきたら、それはジベル薔薇色粃糠疹ではない可能性が高いです。

別の皮膚疾患、もしくは別の病気を疑う必要があるためすぐに病院に行ったほうが良いでしょう。



カテゴリ

最近更新された記事