夏風邪の原因と治し方

夏風邪の原因と治し方

夏にひく風邪を夏風邪といいます。寒い時期はよく風邪をひきがちになりますが、そのときと夏風邪の風邪ウイルスは別物だって知っていましたか?

夏風邪を引いてしまう原因とその治し方をまとめました。

夏風邪の原因

夏風邪のウイルスは夏の高温多湿の時期に活発になる風邪ウイルスです。
冬場は低温と乾燥によって別の風邪ウイルスが活発に動いています。ですから夏風邪と寒い時期の風邪はウイルスが違うのです。

そして夏場に体温が下がったりすると、これらの夏場に活発になっている夏風邪ウイルスが体内に入ってきて夏風邪をひいてしまうのです。

夏に体温が下がるときに夏風邪をひく

夏は普段暑いですが夜寝るときに冷房をかけっぱなしにしていて体温が下がることはよくあります。

また外は炎天下なのに室内はクーラーでかなり寒い、そこにずっと座っていなければならない、という場合も夏風邪をひきやすい環境を自分で作っていると言えます。
最近はオフィスの冷房によって夏風邪をひく女性も増えています。

夏風邪の治し方

夏風邪の特別な治し方はなく、とにかく免疫力を高めるということに尽きます。

まず睡眠時間をしっかりととって、体力を回復させます。睡眠が短いとほかの何をしてもあまり効果がありません。

食事は栄養豊富なものを意識して食べます。外食でもよいですが、できるだけ栄養バランスの整ったものを食べるようにしましょう。

そして体を冷やさないこと。基本的なことですがこれらを意識すれば免疫力が高まって夏風邪も回復します。

夏風邪の症状

夏風邪ウイルスの特徴としては、喉からくるものと胃腸にくるものがあります。

喉から入り込んでくると咳や鼻水が出て発熱の症状もあります。
胃腸に入ってくる夏風邪は、下痢や嘔吐などの症状が特徴で、下痢が続いて体調がすぐれない場合はお腹を壊しているだけでなく、夏風邪によるものかもしれません。

夏風邪は長引くので注意

夏風邪は冬の風よりも長引きます。

何故かと言うと気温が高く、それだけで夏バテが起きるように、冬よりも夏のほうが体力の消耗が激しいからです。夏場にかなり長く発熱、下痢が続く場合は体力を消耗しないようにすることと、しっかり寝て食事も栄養価の高いものをとることです。

風邪っぽいなと思ったら油断せず、早めに休んで短期間に治すことが大切です。



カテゴリ

最近更新された記事