お酒で顔が赤くなると癌になりやすい理由

お酒で顔が赤くなると癌になりやすい理由

お酒を飲んで顔が赤くなる人は癌になりやすい

お酒を飲むとすぐ顔が赤くなる人はお酒が弱いとか酔いやすいと言われています。
さらに最近では顔が赤くなる人は癌になりやすいという噂もありますが、実は噂レベルではなく研究データですでに癌になりやすいというデータが出ているのです。

アルコール摂取で顔が赤くなる原因

顔が赤くなるのはアセトアルデヒドです。
普通、アセトアルデヒドは分解されていくのですが、この分解スピードが遅いと体に残ってしまい、アセトアルデヒド濃度が高い状態が続きます。これによって顔が赤くなっていきます。

そしてアセトアルデヒドの分解が遅いとそのまま翌朝まで残ってしまい、それが二日酔いとなって現れます。

このようにアセトアルデヒドの分解が遅い人は遺伝によるものが有力視されていて、日本では4割の人がこりに該当します。

なぜガンになりやすくなるのか

アルコール摂取によってガンになりやすいというのは昔から言われていることです。適度な飲酒は健康によいとされていますが、逆に過度の飲酒はよくない、この曖昧な感じがなんとも胡散臭さを醸し出しているのですが、実際にアルコールによってガンが発症しやすいことは確実です。

飲酒によって起こるガン

アルコールが当たる部分、口腔・咽頭・食道がガン化する可能性が高くなります。
そしてアルコール摂取が原因で口腔・咽頭・喉頭・食道・肝臓・大腸・乳癌のガン化率が高まることがわかっています。

アセトアルデヒドが体内に残っていればいるほど癌になりやすい

もうわかってきたと思いますが、アルコールが通る部分がガンになりやすい、ということは分解されずに体内に残ってしまうアセトアルデヒドが多ければ多いほどガンリスクが高まります。

そして顔が赤くなる人は体内にアセトアルデヒドが分解されず長時間残り続けることから、これらのガンのリスクが高くなるのです。

どれくらいの飲酒でガンになりやすいのか

結論を言えば500mlのビール2本でリスクが高まります。

2005年の厚生労働省の研究では、男性に発生した癌全体の13%は週にエタノール換算で300g以上の飲酒が原因であるとされました。

エタノール換算するから一般人にはわからなくなってしまいますが、ビール500mlにエタノールが20g入っているため、毎日2本飲んでいるとがんのリスクが高まるということなんですね。

特に日本人は欧米人よりもアルコールによるガン発生率が高いと言われています。
適度な飲酒は健康によいと言われているのに、たった2本の缶ビールでガンになる確率があがるなんて・・・。

ガンにならないためのアルコールの量

お酒を完全にやめるのは無理ですので、どれくらいの量なら安心して飲めるのかというと、これはまだわかっていないのが現状です。
できれば飲酒をやめたほうが良い、というのが結論です。

ワインは2杯ならポリフェノールの効果が得られて健康によいと言われていますが日本人のデータは特にないようで、これも微妙な噂レベルのようです。

できるだけ毎日の飲酒はやめて、飲んでも500mlのビールを1本程度にしておくのが良いかもしれません。



カテゴリ

最近更新された記事