尿酸値を下げる方法

尿酸値を下げる方法

そもそも尿酸とはどんなものかご存知ですか?体内で尿酸が作られるのは体内の代謝が起きた後に作られる老廃物です。普段生活する中で様々な代謝によって尿酸が作られ、基本的には排出されます。

しかし尿酸値が高くなりすぎると、排出てぎる量をオーバーしてしまうため、体内に尿酸がたまっていきます。これが痛風の原因と言われているものです。ほとんどの動物が尿酸を分解できるので体内に貯めないのに対して人間は尿酸を分解できる酵素がないため体内に貯まる傾向にあるのです。

ですから尿酸値をゼロにすることはできませんが、尿酸値を排出し数値を下げることは可能です。

尿酸値が高くなる原因はプリン体ではない

プリン体を摂りすぎると尿酸値が高くなる、と言われていますが、実際はプリン体が及ぼす尿酸値上昇の原因としてはたったの2割り程度。実は食べ物によって尿酸値が直接的に上がるわけではないのです。

ではなぜ尿酸値が高くなるのかというと、体の新陳代謝によって生成されます。これが8割です。新陳代謝によって尿酸が生成されたとしても正常であれば害のないレベルまで尿酸を排出してしまうので問題はありません。

しかし尿酸を正常値まで排出できなくなってしまう人がいます。尿酸の排出ができなくなる人に共通しているのが、肥満です。これによって体内の尿酸値が下がらないので、尿酸値が高い状態をキープしてしまい健康診断でひっかかります。

食べ物も当然制限するなどの必要はありますが、体の問題と考えて、ここを改善することが尿酸値を下げる方法につながります。

尿酸値を下げる方法

まずは贅沢品をやめることが重要ですね。これによって尿酸値だけでなく肥満も解消されます。肥満の人は尿酸値が高めになっているのでなかなか尿酸を排出して減らすことができません。

特に野菜や海藻はダイエットにも良いのは当然ですが、尿をアルカリ性に近づける働きがあるので尿酸値が高い人には毎食必ず食べたほうが良い食材になります。

これらの他に、軽い運動を日々取り入れること、ストレスを軽減することも尿酸値を下げるために取り入れることが勧められています。

筋トレよりも軽い有酸素運動が尿酸値を下げるのにお薦め

運動をして痩せるためにまずは筋肉をつけよう、というのは良いのですが、尿酸値を下げる、という店で考えると筋トレよりも有酸素運動のほうが良いとされています。筋肉がつけば代謝がよくなりますし成長ホルモン分泌も増えてよいことは多いのですが、なぜでしょう。

その理由は、筋トレによって新陳代謝が活発になりすぎてしまい、尿酸値が急上昇するからです。これは無酸素運動全般に言えることです。例えば短距離走やインターバルトレーニングなどもそうですね。ですから、運動をして肥満とストレスの解消のためにはウォーキング程度で良いので軽い有酸素運動を毎日の週間にすることなんです。

尿酸値が高いとどうなるか

尿酸値が高いと、体の中で高尿酸結晶が沈着します。沈着した部分で様々な痛みを発症させるのが高尿酸血症です。

毎回健康診断で尿酸値が高いんだよな、と診断が出る方。もしかしたらすでに高尿酸結晶が沈着しはじめているかもしれません。というのも、尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が「高尿酸血症」だからです。これが続くと上記のような沈着が始まります。

1日でも早く食事改善と運動を取り入れる必要があるでしょう。



カテゴリ

最近更新された記事