夏に増える抜け毛の原因と対処方法

夏に増える抜け毛の原因と対処方法

夏は特に抜け毛が増える季節と言われています。毎日汗をかいてシャンプーをしているとごっそりと髪の毛が抜けていくので薄毛になってしまうのではないかと毎日ビクビクしながらシャワーを浴びている人もいるはずです。

ではなぜ夏に抜け毛が増えるのか、そして夏の抜け毛の予防方法を解説していきます。

紫外線の刺激で抜け毛が増える

夏は1年で最も紫外線が強くなる季節です。帽子を被ったり、日傘をさしていない限り、日中は頭部に常に太陽光があたっていることになり、紫外線の刺激を受け続けていることになります。

さらに頭皮は刺激に弱いため、肌よりも紫外線の影響を受けやすいと言えます。

紫外線の刺激によって特に頭頂部の頭皮が傷んで抜け毛が増えます。髪の毛が多い人はそれほど問題ではありませんが、薄毛の人や髪の毛を短くして立てている人などは頭皮に紫外線がモロに当たるため、抜け毛が増える可能性が高くなります。

汗と皮脂が増えて頭皮が不衛生になる

特に夏場外にいる人は汗を一日中かいていて頭皮の皮脂も多く、夜までに頭皮がギトギトになっている人も少なくないでしょう。毛穴に皮脂が詰まるだけで抜け毛が増えることはまずありませんが、頭皮に皮脂が大量に残っていることは好ましくありません。

というのも、頭皮の皮脂を栄養分にして頭皮の常在菌が増殖し、これによって抜け毛が大量発生することがあるからです。特に夏場の皮脂分泌量は相当多く、常在菌が爆発的に増える環境が整っています。

さらに頭皮の常在菌はシャンプーしても殺菌することはでぎず、硝酸ミコナゾールなどで殺菌しないと効果がありません。まずは毎日頭皮を清潔に保つことが大切です。

もしシャンプーしてもずっと頭皮が痒かったり抜け毛が増えたりしている場合はすでに頭皮の常在菌が増えすぎてしまって手が付けられなくなってしまった状態かもしれません。その場合はコラージュフルフルシャンプーを使うのがお薦めです。硝酸ミコナゾール配合で頭皮を殺菌することができます。

気温が高くなって無駄な髪の毛を減らしている

動物も人間も同じで、暑くなると保温効果のある毛を減らして体温調節しようとします。髪の毛も同様で体温上昇とともに髪の毛を減らす働きが起こります。気温が上がれば上がるほど抜け毛が増えることがあり、これは体の自律神経が自動的に行なっていることです。

ただし、この自然な抜け毛が多いことに加えて、上述のような夏場の環境によって抜け毛がさらに増えることがあるため、異常な抜け毛と実際の薄毛実感が夏は特に顕著になるのです。

秋になるとさらに抜け毛が増える

夏場になると自然に抜け毛が増えますが、実は夏が終わった後も抜け毛が増えます。というのは、夏場に抜けなかった髪の毛がごっそりと秋に抜けていくからです。

夏場に受けた紫外線の影響や夏バテが起こるようにたまった疲労が重なってストレスとして自律神経系を狂わせたりすることで秋のほうが実は抜け毛が多いのです。

では夏の抜け毛を減らす方法はないのでしょうか。

夏の抜け毛予防方法

夏の抜け毛はまず頭皮に直接紫外線が当たらないようにすることです。出来る限り日向には出ない、出るときは日傘をするか帽子を被って、直接頭皮に紫外線が当たらないようにします。

サラリーマンの場合は帽子をかぶることはできないと思いますので日傘がお薦めです。頭皮だけでなく体に当たる紫外線が減るので日傘をさしていると体感温度もずいぶんと変わるのでお薦めです。

夏バテが始まると食事がなかなか食べられなかったり、そもそも遊びすぎて食事が偏ったりしていると思います。その場合も栄養不足によって抜け毛が増えることもまれにあります。

基本的に髪の毛の材料であるたんぱく質を多めに摂取するのがお薦めです。肉類はできるだけ脂肪のない鳥のささ身がお薦めです。

夏場の夜更かしも抜け毛の原因になりがちです。夜は早めに寝るなどの生活習慣を整えることも大事で、これによって自律神経系が安定し、自律神経の乱れによる抜け毛を予防することができます。

育毛剤などを使うのもいいですが、まずは夏場の抜け毛予防対策を実践してみましょう。



カテゴリ

最近更新された記事