鶏肉の保存方法と保存期間

鶏肉の保存方法と保存期間

鶏肉は鶏皮を除けばヘルシーで低カロリー高タンパク、毎日食べたい肉ですが、大量に買っても保存があまり聞かないのが難点です。

また冷凍のささみ2kgなどがネット通販で買えますがこれは保存はできても食べる分だけ解凍するのが非常に困難で使いにくいのがデメリットです。

ベストなのは1パックごと食べる分だけ買うことですが、やはり業務用の大量パックのほうが断然安いですよね。ここでは生の冷蔵ささみなどを買ってきて保存する方法と保存期間を詳しく解説していきます。

鶏肉の保存期間

冷蔵ではたった2日しか持たないんですね。
トレイに入れたまま保存するのではなく、キッチンペーパーで水分をとってラップをまいて保存するほうが鮮度が保たれます。

お薦めは大量に1kgで購入し、小分けにして冷凍保存です。これで3週間くらいは保存がききます。

さらに鶏肉の冷凍保存期間を伸ばす方法

鶏肉を冷凍する前に醤油やみりん、酒などで下味をつけてから冷凍するとさらに保存期間が4週間程度まで伸ばせます。1ヶ月冷凍で持てば、一人暮らしでも問題なく消費ができるのではないでしょうか。

ささみは冷凍前に茹でてそれを裂いた状態にしてから保存するとさらに鮮度をキープして保存できます。

ちなみに冷蔵保存でも下味をつけると3日くらいまで保存期間が伸びます。毎日鶏肉を食べる場合は、数日分の鶏肉をした味をつけて冷蔵保存し、それ以外はすべて冷凍保存することで効率よく食べきることができます。

新鮮な鶏肉を買う

保存する前から鮮度が落ちている鶏肉は避けましょう。予め鮮度の高い鶏肉を選ぶ方法は『鶏皮の毛穴が大きく目立つもの』、『肉汁が出ていないもの』を選ぶことです。特に鶏肉は水分が多いため、賞味期限内でもかなり早いスピードで鮮度が落ちます。

冷蔵・冷凍保存前に水分をキッチンペーパーでとるのはこのためです。



カテゴリ

最近更新された記事