ジャガイモに含まれるソラニンは加熱しても毒がなくならない!

ジャガイモに含まれるソラニンは加熱しても毒がなくならない!

ジャガイモに含まれるソラニンという毒素はほとんど知られていません。ソラニンを少し食べる程度なら問題ありませんが、たくさん食べると吐き気や嘔吐の症状が出ます。実際に学校で大量にソラニンによる食中毒が起きています。

ジャガイモに含まれるソラニンとは


ジャガイモの芽には毒があるということは誰もが利いたことがあると思います。ソラニンはこの芽や場合によっては皮に含まれる毒でとても身近なものです。常識としてジャガイモの芽には毒があるから包丁でえぐるように取りますよね。基本的にはこれでソラニン対策はOKです。

茹でてもソラニンは減らない


しかしソラニンは茹でても濃度は減りません。先程、芽や皮にもソラニンが含まれていると書きました。皮をむかずにジャガイモを調理し食べたりすると、皮にソラニンが多く含まれていた場合に食中毒症状を起こしてしまうのです。
ちなみに茹でるだけでなく焼いても揚げても何をしても雑菌などと違いソラニンはなくなりません。

揚げると発ガン性物質に変化


ソラニンは油で揚げると少し減る可能性もありますが、アクリルアミドという発ガン性物質に変化してしまいます。どちらにしろソラニンが多いジャガイモは体に悪影響を及ぼすことがわかるでしょう。

ソラニンが多いジャガイモの見分け方

成長していないジャガイモ

まずはしっかりと成長していない未熟なジャガイモにソラニンが多く含まれています。しかしスーパーで売られているジャガイモはしっかりと形が整った成熟したジャガイモが売っているので未成熟なジャガイモを食べることはまずないでしょう。

光が当たっていたジャガイモ

ジャガイモに光を当てると皮が緑色になってきたことはありませんか?この緑色になってきたのがソラニンが増えた証拠です。ではこのジャガイモがもう食べられないのかというとそうではなくて、皮を厚めに剥けば食べられるとのこと。

保存する場合は必ず日の当たらないところに置くようにし、早めに食べるようにしましょう。

どれくらいジャガイモの食中毒が起きているのか


ではジャガイモ、しかも腐っているわけでもないジャガイモを食べてソラニンによる食中毒はどれくらい起きているのか。というと実は毎年かなりの数が報告されているとのこと。

そして報告が多いのは小中学校などの調理実習の現場が多いそうです。要するに芽をしっかりと取り除けていない、皮を完全に剥いたあとに調理をしていない、ということが考えられます。さらには農場体験で取ってきた未成熟なジャガイモを食べることも普通より多いためソラニンによる食中毒例が相次ぐようです。

参考サイト

厚生労働省のジャガイモのページ



カテゴリ

最近更新された記事