冷凍ブロッコリーを水分を出さずに解凍する方法

冷凍ブロッコリーを水分を出さずに解凍する方法

冷凍ブロッコリーは価格が安定している上に、保存期間が長いので毎日の栄養補給を考えると冷凍庫に常備している家庭も多いと思います。しかし冷凍ブロッコリーは解凍すると水分が出てきてビチャビチャになってしまうのが難点です。できるだけブロッコリーの水分を出さずに解凍する方法をまとめました。

弁当にブロッコリーを入れる場合

冷凍ブロッコリーを水分を出さずに解凍する方法
特に調理せず、野菜としてブロッコリーを弁当に入れる場合はそのまま特に解凍処理せずいれておけば、食べる頃に解凍されていて余計な水分が出過ぎることがありません。毎日弁当を作る家庭ではこのようにそのまま入れることが多いそうです。ブロッコリーだけでなく冷凍食品をそのまま入れておけば自然解凍する商品もありますのでそれと組み合わせると弁当作りが楽になりますよね。

シチューやカレー、鍋に入れる場合

冷凍ブロッコリーを水分を出さずに解凍する方法
鍋に入れる場合は特に何もせず冷凍のまま入れればOKです。ただし冷凍ブロッコリーはすでに茹でてある状態で冷凍されていますので、他の野菜と同じくらい煮詰めるような場合は最後の最後に入れましょう。煮込んでしまうと弾力や歯ごたえがなくなっておいしくありません。

フライパンであぶる

冷凍ブロッコリーを水分を出さずに解凍する方法
フライパンを過熱しておきます。油は使わず冷凍ブロッコリーをそのまま直接フライパンにのせて炙ります。余計な水分は飛びながら解凍可能です。

フライパンを使った解凍のポイントは、フライパン自体を過熱しておくこと、また強火で一気に火を通すことです。弱火でトロトロやっていると水分がでてまずくなります。

トースターで火を通す

冷凍ブロッコリーを水分を出さずに解凍する方法
トースターもフライパンと原理は同じです。事前にトースターを温めておいて耐熱皿に冷凍ブロッコリーを入れて過熱します。こちらも高温で一気に火を通します。トースターは意外と水が出ないということで知る人ぞ知る解答方法です。

熱湯にさらす

冷凍ブロッコリーを水分を出さずに解凍する方法
沸騰させた鍋にブロッコリーを入れて一瞬で温める方法で解凍する人も多いハズ。その際は塩を少し入れたりとさまざまです。これ以外では、冷凍ブロッコリーをザルに入れて軽く水でさらしたあと、やかんで沸騰した熱湯をザルの下にかぶせるボウルに入ったブロッコリーにかけて、数回じゃぶじゃぶとザルを上下させてブロッコリーを熱湯の中で踊らせてからすぐに熱湯を捨てます。

これだけで一気に解凍し、また温かいブロッコリーを食べることができます。大量の冷凍ブロッコリーを一瞬で解凍するときに使えます。



カテゴリ

最近更新された記事