ステーキの肉の種類による特徴を徹底解説

ステーキの肉の種類による特徴を徹底解説

ステーキを食べるとき、フィレとかサーロインとか、色々な種類がありますが、これらの特徴がよくわからず、どれを選べば自分の好みの肉が出てくるのかわからない人は意外と多いです。肉によって脂が多いものや赤身でさっぱりしているものなど種類は色々あり、好みによってステーキの種類を選べるようになるとより美味しく食べられでしょう。

サーロインステーキとは


サーロインステーキはステーキを食べる際に多く見かける名前だと思います。最もポピュラーで、ステーキと言えばサーロインと言われるほど、ステーキの代名詞にもなっているのがサーロインです。

サーロインステーキの特徴は柔らかく脂を感じる肉質で、ステーキを食べてい感覚は最もサーロインが強くなります。逆に脂っこい肉は苦手な方はサーロインステーキは注文しないほうが良いでしょう。

リブロースステーキとは


リブと言うのは背中部分のことです。牛が動く際にもほとんど動かさない背中部分なので、肉質は柔らかく霜降りになっていてしゃぶしゃぶなどにも使われる部分の肉です。サーロインステーキと同様にリブロースステーキも脂が多いのでとろける美味しさが好きな方にはお薦めです。

ステーキにこれぞ脂身!といえる脂身がついているのでステーキらしい見栄えもします。

ヒレステーキとは


ヒレ肉は希少部位で高級ステーキとしても楽しまれています。英語ではテンダーロインステーキと呼ばれています。

ヒレ部分もほとんど動かさない部位なので肉質は柔らかく食べやすいのが特徴で、先程英語の別名テンダーと書きましたが、テンダーは柔らかいという意味で、柔らかいロイン肉という意味になります。

ヒレ肉がサーロインやロースと違うのは霜降りがほとんどなく、また筋がないのでしっとりと食べやすいのが特徴です。脂っこいステーキはキツい、という方はヒレステーキしか食べなくなってしまうほど。

シャトーブリアンとは


シャトーブリアンはヒレ肉の中の真ん中にある部分で、最もきめ細かい部位を言います。1頭から1kgしか取れないのでとても希少価値があり、シャトーブリアンは最高級というイメージは世界中で定着しています。

ランプステーキとは


ランプは赤身部分であまり霜降りがなくさっぱり食べられる部位です。厚めにカットしても美味しく食べられるので焼肉でよく食べられますがステーキでも食べられます。トップサーロインとも呼ばれています。

サーロインやロースなどに比べると脂が少ないので旨味に欠けると感じる方もいるので、ステーキはジューシーな脂が美味しいと思っている方はランプステーキは選ばないほうが部内です。



カテゴリ

最近更新された記事