海開きはいつ?沖縄よりも早い海開きは○○

海開きはいつ?沖縄よりも早い海開きは○○

海開きは基本的に夏が多いのは間違いありません。海水浴場で一般的に泳いでよいことになって公開されるのが海開きです。
この海開きはいつなのか、というと地域差があり、最も早い海開きは沖縄だと思われていますが実際には違います。

一般的な海開きはいつ?

一般的には7月に入ると海開きが各地で始まります。

7月1日を基準にして多くの海水浴場が海開きしますが、実際はまだ海水は冷たく、たまたま海開きの日の気温が高い場合は最高の海開きになりますが、曇りがちだったりすると、海に入るとまだ冷たいなという感じですね。

本州や関東というくくりでまだ夏になっていないのに海開きをする観光地もありますが、どこもイベントを開催したりしているようで、機会があれば参加してみたいですよね。最寄りの海水浴場の海開きはぜひ参加したいと思っています。

沖縄の海開きはいつ?

なんと沖縄は3月下旬から4月にかけて海開きが始まります。
年間を通して温暖な沖縄では春前に海に入れるくらいの気温だということで春休みから海開きした沖縄で遊ぶことが可能です。

しかし実は沖縄が最も早い海開きの地域ではないのです。

日本で最も早い海開きをするのは・・・

日本で最も早い海開きをするのは、小笠原諸島の父島と母島です。
なんと元旦に海開きしてしまうというから驚きです。元旦も海開きも同時に楽しめる父島と母島の様子が気になりますよね。

元旦に海開き!が、寒いです

小笠原諸島では元旦という日も重なっているため、海開きも同時に行うイベント化しているそうです。
新年を迎えて、その場で海開きをするというのが恒例になっている小笠原諸島。特に父島は観光客も加えて4000人も集まる大イベントになります。

が、実は気温が20度くらいしかありません。20度というのは春の暖かい日の気温であって、夏場であればかなり涼しい日であることは間違いありませんし、父島でも半袖短パンということはなく長袖を着て生活しているレベルなんですよね。

実際の海のベストシーズンは5月頃だそうです。

なぜ元旦に海開きなのか

まだ寒いのに海開きというのも変な話ですが、実は観光関連の目的もあって、しっかりと観光協会がバックアップして小笠原諸島の海開きを盛り上げています。

元旦の海開きに参加すると参加証明書を発行してくれたり、ウミガメの放流イベントを行ったりしています。
他にも色々と楽しめるイベントがあるので小笠原諸島が好きな方は一度は入ったことがあるかもしれませんね。

海開きをする意味ってあるの?

実際には海開き前に遊泳しても問題ありません。特に怒られることはなく、海開きの意味ってなんなんだろう?と思いますよね。

実は水質検査をしたりゴミを片付けたりして遊泳しやすいように整えたあとに海開きが行われます。誰もが海を楽しめるように海水浴場を整え、観光客の受け入れ体制が整ったときが海開きと言われています。

逆に言えば、海開きの前は海の管理を厳重には行っていないので水質が悪かったりゴミなどで怪我をしたり、また水温が低かったり流されたりしても自己責任の範囲が広いんですね。海開きをする海水浴場の場合はライフセーバーもいたりして、何かあれば助けてくれる可能性が高いため、安全に海を楽しめます。

個人的には海開きという行事があるからこそようやく夏だなと思える節目だと思います。実は海の運営側としてはこんなに対策をした上で海開きをしていたんですね。

参考サイト

元旦海開き|小笠原村観光協会



カテゴリ

最近更新された記事