光触媒観葉植物の効果と持続期間

光触媒観葉植物の効果と持続期間

観葉植物は癒しにもなるし、インテリアとして是非取り入れたいですが、水やりや外注、落葉や枯れたりすることが面倒・・・と思っている方も私を含めて多いと思います。

そんな方のために造花の観葉植物が人気で、さらに光触媒加工したものが室内環境を良くすることもあって最近は特に人気が高くなっています。空気清浄効果や消臭効果などがあるとされていますが、いまいち光触媒の原理やその効果がわからない人が多いと思います。

ここでは光触媒加工された観葉植物の効果とその効果がどれくらい持続するのかを詳しく解説していきます。

光触媒の原理

光が当たると効果を発揮

光触媒は二酸化チタンでできています。二酸化チタンに光が当たることによって様々な効果を発揮するようになります。逆に光がなければまったく意味がありません。

光触媒に必要な光は紫外線です。ですから光触媒の観葉植物を置く場合は、作り物だとしても太陽に当たる明るい場所に置くのが光触媒の効果を引き出すことができます。
蛍光灯の光でも良いですが、太陽光のほうがより効果を発揮するとされています。

光と二酸化チタンの働き

二酸化チタンに光が当たると、半導体である二酸化チタンは光によって自身が高エネルギーを持つようになります。
このエネルギーで光触媒表面から電子を放出しますが、この電子放出に必要なエネルギーが紫外線を含む光のため、太陽光がベストなのです。

この放出された電子がホルムアルデヒドやニオイのもととぶつかり、これらを二酸化炭素や水に分解します。分解された二酸化炭素と水はごく微量のためこれによって室内が汚れたりすることはありません。

光触媒の効果

抗菌効果

細菌、ウイルスなどは抗酸化によって死滅・分解させます。完全にクリーンになることはありませんが、人体に影響のない自然な状態でこれらの作用が得られると考えると安全性も高く良いですね。

消臭効果

タバコやペット、アンモニアの臭いを分解します。消臭芳香剤のように香りづけでごまかすのではなく元から分解してしまうため誤魔化しではないこととやスプレー剤のように濡れることもありません。

防かび効果

カビ菌に関しても光触媒が分解してカビが発生するのを防ぎます。寝室や洗面所などカビが発生しそうな場所に光触媒観葉植物を置くとよいでしょう。

光触媒の安全性

二酸化チタンによって加工される光触媒観葉植物は安全が確認されています。
もともと二酸化チタンは化粧品や繊維に使われてきた成分ですから、その安全性は直接身に付けるもので証明されています。

光触媒の効果が期待できる範囲

光触媒の観葉植物を置いておけば、リビング全体の空気をきれいにしてくれる、というわけではありません。

やはり大きな光触媒観葉植物のほうが空気清浄できる範囲が広くなります。
できれば室内の何箇所かに置くと効果的です。

1畳分の範囲では高さ20cm程度の光触媒観葉植物が必要です。
10畳分の広さに対応するのであれば、1m~1.5m程度の中~高い光触媒観葉植物が必要です。

20畳のリビングでれば2つ以上の光触媒観葉植物が必要ということです。
6畳~8畳の寝室なら背丈以下の光触媒観葉植物がひとつあればOKです。

光触媒の効果持続期間

光触媒の効果は理論上半永久的とも言われていますが、現状は観葉植物に吹きかける光触媒のスプレーが販売されています。これを吹きかけることによって、だんだんと落ちていく効果を取り戻すとされています。

一度光触媒の観葉植物を買ってしまうとその後のリピート購入には繋がらないため、持続的な販売ができる商品としてスプレーを売っているようです。
私は一度購入してしっかりと光触媒加工がされていれば、それは半永久的に効果が持続するだろうという現在の理論に基いてスプレーは買いません。

ただし効果を持続させるにはほこりを払って上げる必要があります。定期的にほこりを吹く手間を最小限にするためにも、ベンジャミンやシマトネリコのような葉が多い光触媒観葉植物は避けたほうがよいでしょう。
ウンベラータや極楽鳥花のような大きな葉がついているもののほうがお手入れはラクです。また大きな葉がついているほうが光触媒加工された面積が広いため、効果も大きくなると言われています。

参考サイト

岩や
UTANE art



カテゴリ

最近更新された記事