車内の温度を一気に下げる方法

車内の温度を一気に下げる方法

夏に停めておいた車の中の温度は45度を超え、なかなか温度が下がりません。エアコンをつけていても30度以下になるのは10分ほどかかるといいます。そこで1分で一気に車内の温度を下げる方法をご紹介します。

ドアをあけて空気を入れ替えても無駄

JAFによると、車内の温度はエアコンをガンガンかけたとしても10分は温度が下がらず、ドアを開けて空気の入れ替えをしてもほとんど温度は変わらないといいます。

それもそのはずで、車内は高温であることは間違いありませんが、外の気温も30度以上、35度以上ととにかく暑いので車内の温度はほぼ変わらないのです。

エアコンをつけたまま窓を開けて走る

窓をすべてあけて走ることで空気が入れ替わり、さらにエアコンをかけることで入れ替わった空気をさらに冷やしていく。1分ちょっと走るだけで車内の温度は一気に30度以下に下がります。

しばらくドアを開けて空気を入れ替えたらすぐ走ったほうが良い

数十分炎天下の中、車を放置していると車内は55度まで上がってしまうため、すぐに乗り込むのは厳しいでしょう。ドアを全開にしてエアコンを最大にかけて少し放置ししたら、あとは窓全開にして走り出せば1分ほどで30度以下の快適な温度になります。

ポイントはドアを開けてエアコンをガンガンかけ、その後すぐに窓を開けたままエアコンを最大にして走り出す、これだけです。ぜひ試してみてくださいね。



カテゴリ

最近更新された記事