コスパ最強の飲み屋、紅とん

コスパ最強の飲み屋、紅とん

飲み屋で飲むことも少なくなり、自宅で飲む若者が増えたとのこと。宅飲みと言われて低コストで自由に楽しめるということで人気がでるのも頷けます。久しぶりに飲み屋に行くと何もかもが高くてメニューを見て驚き、会計のときにももう一度驚く、という感じですが、コスパの良い居酒屋チェーン、紅とんが気軽に飲みに行けてさらに安い、ということで一押しです。

紅とんは席料、お通しなし

まず居酒屋チェーン店の痛い出費、席料とお通し。注文してもいないお通しを出してきて400円500円取るのはいかがなものでしょうか。

お通しはなくても席料を取る店もありますよね。

しかし紅とんは席料なし、お通しもありません。注文したものだけの明瞭会計。そもそもお通しや席料を取る居酒屋がそれなりのサービスを提供しているかというそうでもないことが多いため、シンプルなシステムのほうが断然お得です。

激安居酒屋というスタンスでまったく激安な会計に終わらないのが飲み屋ですから、それを考えると紅とんの親切なシステムは大歓迎です。

席料とお通しがないだけでグッと宅飲みのコスパに近づきます。

串が安い!

紅とんは串モノが充実しているのですが、1本ずつが80円~と非常に安いです。しかも品質は悪くないどころか良い。どれも美味しいのです。特にレバーは1本80円で肉厚、中は柔らかで美味しいです。そのほか大抵120円。カツなどもサラダも200円以下です。

大衆居酒屋らしいメニューがずらりと並んでいて、しかも価格は宅飲みにプラスα程度で楽しめます。普通おつまみは安くても300円以上しますが、紅とんは本当に気軽に楽しめます。

お酒は普通の居酒屋と同等価格ですが、食べる人にとってはかなり安く上がります。

食事のみの一人客も多い

入ってみて気づいたのは、飲み会に来る人もいますが、ひとりで食事をしながらお酒を軽く飲んで、ひとりの時間を過ごして帰る人が多かったこと。

家で食べればもっと安いのに・・・と思いがちですが色々あるんでしょう・・・。ざわざわしている店内ですがそこでホット一息入れて、1~2杯お酒を飲んでつまみを食べて帰る、こんなかんじの人が半分以上。

気軽に入れてサクッと帰る、席料やお通しがないライトなスタイルだからこそ利用しやすさが際立ちます。

もし街で見かけたら迷わず入ることをお薦めします。特に食べることが好きな方、低価格なおつまみに感動するはず。



カテゴリ

最近更新された記事