お通しのない居酒屋まとめ

お通しのない居酒屋まとめ

居酒屋に入ると、必ず出てくるのが小鉢などに入ったほんの少しの量のお通し。これが1つで400~600円ほど取られてしまうから痛いですよね。

たまに280円居酒屋だったとしてもお通しは280円じゃないとかふざけた価格設定をしているところもあって驚いた経験もあります。
ちなみにお通しを断ることが出来る、出来ない、という議論がありますが、これらにも各居酒屋チェーン店が答えていますので、お通しのない安い居酒屋を選ぶ際の参考にしてください。

ワタミはお通しを断れる

お通しのない居酒屋まとめ和民やわたみん家、坐・和民などのワタミグループでは、基本的にお通しが出ますが、断ればお通しなしで楽しむことが可能です。最初にお酒を頼む際に断りましょう。

甘太郎やNIJYU-MARUのお通しも断れる

お通しのない居酒屋まとめ甘太郎やNIJYU-MARUも通常はお通しが出ますが、こちらも断れば大丈夫です。
もともと甘太郎やNIJYU-MARUはお酒を注文した場合にお通しを提供し、食事のみの場合はお通しは出していないとのこと。

はなの舞、チムニーのお通しも断れる

お通しのない居酒屋まとめはなの舞、チムニーなどのチムニーグループは最初の注文時に伝えればお通しを断ることが可能です。

庄や、やるき茶屋もお通しを断れる

お通しのない居酒屋まとめ庄や、やるき茶屋の大庄グループも同様です。注文の最初にお通しが不要な旨を伝えていればお通しは断れます。

養老乃瀧とつぼ八は断れない

お通しのない居酒屋まとめ大手居酒屋チェーンはほぼすべてお通しを断れることがわかりましたが、実は養老乃瀧だけはお通しを断れないと回答しています。

ただしつぼ八の場合はアレルギーで食べられないものなどは断れるし、食事だけの場合はお通しは出していないとのことです。

モンテローザグループは断れないかもしれない

お通しのない居酒屋まとめ白木屋、魚民、笑笑などを展開する大手居酒屋チェーンのモンテローザグループの場合は、明確な回答はしないということで、公式見解を出していません。
ですから実際店舗で断ってみないとわかりません。

お通しのない居酒屋まとめというのも、お通しが断れる風潮が蔓延してしまうと、居酒屋ではお通しを断ることが当たり前になってしまい、業界の首を絞めるからです。
実際はお客の都合で断れる事のほうが多いですが、少しでも利益を出したい居酒屋側からすればお通しで少しでも売上を立てたいのはわかになくもないですよね。

アルコールを注文していないのにお通しが出てきた場合

多くの居酒屋全国チェーン店の場合、マニュアルによってアルコールを頼んでいない場合はお通しを出しないことになっています。しかしそれでも出てくる場合、もともとそんなマニュアルがないか、知っていて利益の出しやすいお通しを出している場合があります。

基本的に家族で行って子供が多い場合などはお通しなんて出さないことが多いわけですが、それでも強制的にだしてくることも。

やはり最初の注文時にアルコールを頼んでいなくても『お通しはいらない』と一言付け足したほうが無難なようです。



カテゴリ

最近更新された記事