抗生物質とアルコールの同時摂取はダメ

抗生物質とアルコールの同時摂取はダメ

医師から処方される抗生物質は病状が改善してもすべて飲み切るのが鉄則です。体調を崩しているときは抗生物質に頼り切るのに良くなってくると飲まなくなってしまうのが残念ながら病状が長引く原因にもなっています。

また、体調がよくなってきた時に、お酒が飲みたくなっても抗生物質を飲み続けないと行けない場合、飲み合わせとしてはどうなのか、答えはNOです。アルコールと抗生物質の組み合わせは危険です。

アセトアルデヒドが体内に残る

アルコールは飲むと赤くなったり二日酔いになったりしますが、この原因は体内で分解されたアセトアルデヒドによるものです。

血中のアセトアルデヒド濃度が高ければ高いほどこのような症状が現れます。しかし基本的に尿で排出されることで血中濃度が高い状態が長く続くことはありません。

しかし抗生物質を飲むとこのアセトアルデヒドを阻害して血中濃度が高い状態を作りだしてしまいます。
これがアルコールと抗生物質の飲み合わせが悪い原因です。

抗生物質とアルコールを同時に飲むとどうなるか

抗生物質をビールなどで飲んだり、また抗生物質を飲む前後数時間以内にアルコールを飲むとどうなるか、というとそれは摂取するアルコール量に比例してどんどん重症な症状が現れます。

そしてアルコール量が多い場合、飲み会などで飲みすぎる場合などは、呼吸困難や痙攣が起こることがあります。
飲み放題の居酒屋などはアルコール量が少なくされていたりしますが、それでも大量に飲めばこのような副作用に見舞われます。

セフェム系抗生物質はアルコールとの相性が悪い

セフェム系の抗生物質は特にアルコールと一緒に飲んだりするのは避けるように言われます。
セフェム系の抗生物質はシオマリン、セフメタゾン、ベストコール、セフォペラジン、サンセファールなどがあります。これらを処方されたときはお酒を飲まないようにしたほうが無難です。

よく処方されるクラビットなどはこれらに比べてお酒を飲んでもまだ安全です。

抗生物質を飲んだあと、どれくらいの時間をあければよいか

抗生物質を飲んだ後、何時間経過すればアルコールが飲めるのか、というと、個人差がありますが基本的には最低3時間あければ大丈夫です。これくらいの時間経過で抗生物質は体内で代謝し始めます。

逆にお酒を飲んだ後に抗生物質を飲む必要がある場合は、逆にアルコールが代謝されるまで待ちます。この時間が大体4時間ほどだと言われています。

参考サイト

慶応義塾大学病院



カテゴリ

最近更新された記事