ウイスキーとブランデーの違いとは

ウイスキーとブランデーの違いとは

ウイスキー、ブランデー、どちらも似たような見た目だし、何がどう違うのか知らない人も多いでしょう。

同じような見た目のお酒としては、スコッチ、バーボンなどもあり、これらについても詳しく解説していきます。

ウイスキーは麦、ブランデーはぶどう

大きな違いは、何から作られるか、ということです。

このようにウイスキーとブランデーは似ているようでまったく違います。

スコッチとバーボンの違いは?

ちなみに、スコッチもバーボンもウイスキーの中の種類です。

スコッチとは?

スコッチはスコットランド地方で作られた大麦を使ったウイスキーです。
スコットランドで作られたものしかスコッチウイスキーとは呼べません。

バーボンとは?

バーボンはアメリカのケンタッキーで作られたウイスキーで、原材料にとうもろこしが51%~80%含まれたものだけを呼びます。
スコッチとは違い、ケンタッキー以外で作られたものもこの原材料の範囲内に収まっていればバーボンウイスキーと呼ぶことができます。

コニャックとは?

ちなみにコニャックもこんがらがるのですが、これはウイスキーではなくブランデーです。
フランスのコニャック地方で作られた果実の蒸留酒で、コニャック地方で作られたもののみがコニャックとなります。

ウイスキーとブランデーの味は違う?

ウイスキーとブランデーは原材料がまったく違うため、味もまったく違うと思われがちですが、実際はアルコールも高く強いため、味の違いがわかりにくいという方も多いです。

だからこそビールとワインのように鮮明な違いで記憶できないことも理解できますね。

しかしアルコールによる灼熱の刺激になれてきて、水割りではなくストレートでゆっくり飲めるようになると味の違いがわかってきます。


ブランデーには果実の甘さをほんのりと感じることができるものも。特にブランデーはグラスに注いで石原裕次郎のようにグラスの中でブランデーを回すイメージがありますが、実はそのとおりで、手でグラスをしっかり持って体温で温めてあげることでブランデーの香りがより引き立ち美味しさも増します。
水割りにするのは勿体無いと言われることが多いですね。それは味もそうですが香りも落ちるからです。

ウイスキーはロックや水割りにするイメージが強いですが、できれば常温ストレートで飲むのが味わう基本です。ロックや水割りはアルコールが強すぎて飲めない方向けの飲み方と言ってもよいでしょう。

参考サイト

ブランデー|日本酒造組合



カテゴリ

最近更新された記事