未開封ペットボトルは蒸発して中身がなくなる

未開封ペットボトルは蒸発して中身がなくなる

実は未開封のミネラルウォーターは賞味期限がありますが、それを過ぎても品質には全く問題なく、飲めるということをご存知でしょうか。なぜ飲めるのに賞味期限を設けなければいけないかというと、ペットボトルは未開封であっても中身が蒸発して減っていくからです。この減る量が法律に触れてしまうため、減る前に消費してもらうことを目的として賞味期限がついているのです。

普通のミネラルウォーターと長期保存用ミネラルウォーターの違い

一般的なミネラルウォーターは賞味期限が大体2年ほどです。長期保存用のミネラルウォーターは5年ほど。

どちらも殺菌処理をしていて、中身はまったく同じ水ですが、賞味期限が違います。その理由は、長期保存用のペットボトルが通常のペットボトルよりも僅かに分厚いからです。

ペットボトルは自然に減っていく

ペットボトルは未開封であってもペットボトルの素材自体に目には見えず手で触ってもわからないほどの穴があいており、そこから少しずつ蒸発してしまっているのです。

昔知恵袋などに未開封のペットボトルは中身が蒸発することなんてあり得ないという回答が寄せられていましたが、実は水は未開封でも蒸発して減っていきます。

普通のペットボトルは2年で10ml蒸発する

普通の500mlペットボトルは2年経過すると10mlも減ってしまいます。計量法という法律によって中身が2%減ってしまうと、内容量を満たしていないとされて販売ができなくなってしまいます。そのため、2%蒸発する前の製造後2年後に賞味期限を設けてそれまでに販売するしかないのです。

そして5年保存できるミネラルウォーターは5年経過後に2%減る計算でペットボトルの厚みをつけて作られています。

中身が減った2年以上経過した水もとっておく

2年経過後、水は10ml減っていますが、それでも中身は問題ありません。腐っているわけではないので普通に飲料水として飲むことが可能です。しかしペットボトルは水が蒸発してしまうことに加えて、逆に外部からの影響も受けやすく、臭いなどがペットボトルを通過して中の水についてしまうことがあります。

特に長期間保存していると周りの臭いがある場合は水にニオイ移りがあって飲んだときに違和感を覚えることもあれます。

しかし煮沸したりすれば臭いが取れることもありますし、飲料用ではなくても災害時に水はたくさんあって困るものではないので捨てずにとっておくことが大切です。



カテゴリ

最近更新された記事