ダイエット中の糖質ゼロのビールは太る?太らない?

ダイエット中の糖質ゼロのビールは太る?太らない?

糖質制限ダイエットはどんな人にも効果が出やすいダイエット法です。糖質をカットすれば脂肪として貯めこまなくなるからです。

ダイエット中にもお酒が飲みたくなってしまう場合は糖質ゼロのお酒であれば問題ないとする人もいますが実は糖質ゼロだから良いということでもなさそうなことがわかっています。

糖質ゼロでもアルコールのカロリーがある

糖質ゼロのビールやチューハイを見ると確かに糖質はゼロですがカロリーがしっかりあることに気づきます。これはアルコールに含まれるカロリーでエンプティカロリーと呼ばれるものです。

アルコールのカロリーは糖分よりも高く1gで7kcalもあります。しかし実際に体内に入ってくるアルコールのカロリーは7割程度にとどまり、また体に蓄えられることなく熱として使われて放出してしまうとされています。これがカロリーはあるけど脂肪にはならないエンプティカロリーと言われる所以です。

糖質ゼロのビール以外の食べ物が原因

お酒のおつまみの食べすぎが太る原因と言われていることは有名です。大抵脂っこい食事だったり炭水化物がメインのものが多いからです。

おつまみの内容に加えて、アルコール摂取時の食欲増進効果も相まって通常よりも多いカロリーと糖質を摂り過ぎてしまうことがわかっています。

ですからヘルシーなおつまみを選んで食べる、というのも良いですがそれでもお酒によって食べ過ぎ傾向になる可能性があるということです。

低糖質、低カロリーのおつまみ選び

低糖質のものだと、冷奴、枝豆などの昔ながらのつまみがお薦めです。特に揚げていないのでカロリーも低いため糖質ゼロビールと一緒に食べるならこのふたつでしょう。

また刺し身もヘルシーです。脂の乗った魚だとしても魚の脂は健康によいオメガ3脂肪酸などを多く含むので問題ないでしょう。

煮物なども良いですが、じゃがいもなどが入っていたら避けたほうがいいですね。先ほども書きましたが、少しくらいと思って食べ始めるとアルコールによってついつい食べ過ぎてしまうことは誰もが経験しているはずです。

揚げ物、ピザ、スナック菓子等は糖質ゼロビールを飲んでいる意味がなくなってしまうほど大量の糖質を含み高カロリーです。気をつけましょう。

肥満と健康を考えたら糖質ゼロビール一択

というわけで、ダイエットを成功させたいけどお酒は飲みたい、という方は糖質ゼロのビール一択です。チューハイもゼロのものが多いのでそれらでもOKです。普段から食事の糖質をカットしている方は食事でのストレスが溜まっていることが多いのでたまには糖質ゼロビールでダイエットのストレスを発散させているのも良いと思います。



カテゴリ

最近更新された記事